宮城県石巻市 ボランティア報告(3)   

 宮城県石巻市でボランティアをしてきました。報告の3回目です。

避難所生活の苦労―課題がリアルに伝わってきて
 北上川のすぐそばにある仮設住宅の方たちは、避難所生活で大変だったこともいろいろ話してくださいました。
 「最初の1週間は食べ物が届かず、柿ピーとチョコでしのいでいたが、高齢者はそれすら食べられず本当にかわいそうだった」
 「毎日甘い菓子パンがつづき、体調を崩す人もいた」
 「仮設トイレをつくってくれたが、外なので、雪の中、足の悪い高齢者はなかなか行けない」
 「薄い毛布しかなく、せめて高齢者には敷布団を用意してあげてほしかった」
 「避難所生活で十分食べられず、良く眠れないなか、体力も落ち風邪が蔓延。自分も肺炎になりかけ、避難所を出て、実家の畑の小屋に移った。水も電気もないなか、家族で1カ月過ごした」
 直接お話しをうかがうと、大変さや解決しなければならない課題がリアルに伝わってきます。
仮設での生活―若いお母さんが「買い物に困っている」と
 「仮設住宅での生活で困っていることはありますか?」とうかがうと、赤ちゃんを産んだばかりの若いお母さんが、「買い物です」と。ここからスーパーまでベビーカーを押しながらいくと、30分近くかかる。帰りは、たくさんの荷物もある。…こういうことへの支援が求められていることがよくわかりました。
仮設を出たあとの心配と原発への怒り
別の方は、仮設を出たあとのことを心配していました。
 「海からも、女川原発からも少しはなれたところに家を建てたい」
 「自分の兄は、原発で働いていたことがある。作業中、線量計のブザーが鳴りっぱなしでうるさいので、外して作業していたと…。どれだけ被曝(ひばく)しているか…。やらせメール問題も明らかになり、原発はもうなくしてほしい。共産党にがんばってほしい」
 改めて、今回の大震災は、大地震・津波・原発事故という三重の苦難を被災者のみなさんが背負わされていることを実感しました。(つづく)

関連記事
ボランティアで被災地に
宮城県石巻市 ボランティア報告(1)
宮城県石巻市 ボランティア報告(2)
宮城県石巻市 ボランティア報告(4)

by hara-noriko | 2011-08-14 17:55 | 活動日誌 | Comments(0)

<< 宮城県石巻市 ボランティア報告(4) 宮城県石巻市 ボランティア報告(2) >>