みんなで考えよう! 原発・放射能・エネルギー問題   

 このブログにも小さいお子さんのお母さんからコメントをいただきましたが、放射線の影響から子どもたちを守っていくことは、抜き差しならない重大な課題だと改めて実感しています。そこで、みなさんにお知らせです。
 くらしを守る革新東久留米の会(東久留米革新懇)主催の学習会が開かれます。まさに、タイムリーな内容です。私も参加して勉強したいと思っています。
以下、革新懇のチラシの内容です。

 みんなで考えよう! 原発・放射能・エネルギー問題~疑問に答えます~
 講師:舘野 淳さん(元中央大学教授・元原子力研究所研究員)
   とき  9月4日(日)午後1時半~4時半
   ところ 東久留米生涯学習センター(旧中央公民館) 集会学習室1・2

 福島原発の現状と収束はどうなるの?  放射能の広がりにどう対応?
 使用済み核燃料の後始末は?  原発ゼロの社会は可能なの?
 これらの疑問に答えます。参加者のみなさんの質問にも答えます。
 どうぞ、お気軽にご参加ください。*資料代等 500円
 連絡先 042(473)4238(倉本)

by hara-noriko | 2011-09-01 10:43 | お知らせ | Comments(4)

Commented by 市内在住男性 at 2011-09-08 13:41 x
市内在住で三歳の息子の父です。
市内の小・中学校での給食の産地を東久留米市教育委員のHPでは公表されていますが、市内の保育園の給食に関しては、どちらに問い合わせるとよろしいのでしょうか?三歳の息子は市内の保育園に通っており、自宅での食材は気をつけていますが、保育園に関しては、月1の保育園だよりとかにも何も記載されないので、ちょっと心配です。
Commented by 原のり子 at 2011-09-09 12:22 x
問い合わせ先は、保育課になります。現状では、公立保育園のお米と牛乳については把握していますが、それ以外の食材はまだ、とのこと。また、民間保育園については、保育課としての把握はまだされていません。摂取制限・出荷制限のかかっていない産地から、という説明ですが、少なくとも、把握して、公表すべきと私も考えています。とくに、保育園は、小さな子どもたちですから、放射能の影響を最も受けやすく、一日保育園で生活しお昼だけでなくおやつもあるので、産地の把握と公表は必要だと思います。現在、働きかけていますが、またこのブログでもお知らせしていきます。できるだけ早く改善できるように、とりくみます。コメントありがとうございました。
Commented by 市内在住男性 at 2011-09-11 12:14 x
教えていただきありがとうございます。今度問い合わせてみたいと思います。群馬県のある保育園では食材を公表したり、測定器も導入して計測したりと、積極的に取り組んでいただける施設が増えるといいのですね。
最低でも学校・保育園・幼稚園・児童館の計測はけいぞくしていだだきたいですね。
Commented by 原のり子 at 2011-09-11 14:38 x
本当にそうですよね。今後も、気づいたことなどありましたらぜひ教えてください。子どもたちの10年後、20年後を考えながら、取り組みをすすめていきたいですね。

<< 放射線の測定を市に求める 9月議会がはじまります >>