市議団が市政報告会開く   

 10月17日、市政報告会(共産党市議団主催)を行ないました。平日の夜にもかかわらず、30名ほどの方が参加してくださいました。ありがとうございました。
 まず、私から、9月議会全体の特徴と当初予算について、昨年度の決算について、今後の課題について報告しました。
 9月議会の特徴としては、市長の公約違反という困難ななかでも、みなみ保育園問題をはじめ市民がねばりづよく運動し、市政を動かしていること。今後の課題としては、国保税や下水道使用料をはじめ、値上げラッシュになる可能性があり、市民の声をあげていく必要があること。また、自分がとりくんだ質問の中からは、重度の障がいを持つ人の日中活動の場の拡充について報告しました。
 その後、村山順次郎議員から、イオン問題の動きや就労支援、保育園待機児解消と大道幼稚園跡利用問題、永田まさ子議員から放射線測定や上の原への特別養護老人ホーム建設の動向、小中学校へのエアコン設置、篠原重信議員から昨年度決算と市の財政状況、介護保険料、などについてそれぞれ報告しました。
 参加者からは、イオン問題、コミュニティバス(コミバス)、大道幼稚園の跡利用、磁気ループ、就労支援、障がい児の放課後活動など、次々と質問や意見、提案がだされました。どの意見も本当に貴重で、改めて学ばされました。今後の活動のなかで、しっかりとりくんでいきたいと思います。

                 市政の今を報告する市議団(右の4人)
b0190576_105769.jpg

by hara-noriko | 2011-10-18 10:57 | 活動日誌 | Comments(0)

<< イオン誘致 公聴会に進んでいいのか? 東久留米市内の放射線測定について >>