市民合意もなく みなみ保育園の民営化強行とは   

保護者から問題を指摘した要望書が
 11月1日から、みなみ保育園廃園・民設民営化にあたっての、法人募集がスタートしました。11日には、法人募集についての説明会が開かれるそうです。再度の市民説明会の要請にも応えず、市民合意もまったくないなかでの強行です。本当にありえないことです。保護者の方々からは、こうした進め方について問題を指摘した要望書が出されたということです。これについて、市がどう応えるのか、注目されます。
話しが違うのでは?
 私は、法人の公募要領をみて、「話しが違うのでは?」と思った部分があります。先日の共産党市議団としての市長への申し入れのなかでも確認したのですが、市が発表した「民営化の考え方」で示した選定の基準や要件は変更しない、とのことでした。しかし、引き継ぎ、合同保育について、『民営化の考え方』のなかでは「(移管前3カ月程度の)合同保育期間中に子どもたち一人ひとりの状況を把握し、保護者との信頼関係を深めるために個人面談を実施するほか、移管後も必要に応じて、当該保育園に市の保育士を派遣するなど臨機応変に対応します」とありましたが、公募要領ではすっぽり抜けているのです。
もちろん、受託したい法人への記述となるので、まったく同じ文章にはならないと思うのですが、少なくとも、「個人面談の実施」や「移管後、市の保育士の派遣を受け入れることもある」ということは、きちんと記述しておくべきだと思います。そうでないと、受託法人からは「そういう話しは聞いていない」と断られても仕方がない、ということになってしまいます。この公募要領でいくと、法人は、移管後はもう引き継ぎは必要ない、と受け取るのではないでしょうか。
検証が十分にやられていない
 これまでのひばり保育園、うえのはら保育園の民営化をふりかえっても、民営化後の子どもたちをどれだけていねいに支えていくのか、が本当に大事なことでした。それなのに「移管後」についてまったく触れずに募集する、ということはやはり検証が十分やられていない、ということになるのではないでしょうか。
 本当に、市が発表した「民営化の考え方」とは違う募集のかけ方をしているとすれば、事は重大です。改めて、市の説明を聞きにいき、みなさんにもお伝えしたいと思います。
民営化の問題は終わったわけではない
私は、子どもたちに多大な負担を押し付ける民営化にそもそも反対です。法人募集がはじまったからといって、民営化の問題は終わったわけではありません。さらに、市民合意のないまま進めるというやり方は、容認できません。引き続きとりくみます。 

                         ミゾソバ(落合川)
b0190576_1935260.jpg

by hara-noriko | 2011-11-05 19:05 | 市政報告 | Comments(0)

<< イオン予定地 グラウンド解体工... 東久留米で「釈迦内柩唄」 12... >>