3月議会始まる 初日から議論   

 3月1日、東久留米市議会第一回定例会(3月議会)がはじまりました。初日から夜10時までかかるという状況…。やはり、大変な議会です。

旧大道幼稚園の利活用について質問
 市長の行政報告に対し、私は、旧大道幼稚園の利活用について質問しました。
 市の計画案は、滝山相談室(西中学校の横)が老朽化したので移転させ、また、防災備蓄倉庫としても活用するというものです。この案について市民意見を募集したことはよかったのですが…。
 13件の意見のなかに賛成意見は1件もありませんでした。なのに、市の計画案ですすめるという結論になっています。そして、市民意見は今後の参考とする、ありがとうございます、というだけなのです。形だけの意見募集だったのでしょうか? どんなふうに検討して市の計画案でいくと決めたのか、まったく不透明です。これは市民参加とはいえません。行政の説明責任も果たしていないと私は思います。今議会、この問題はひきつづき議論を尽くさなければと思っています。
イオン誘致計画についても質問
 また、イオン誘致計画にかかわる市長報告もあり、質問しました。
 イオン計画を市民参加で見直すという公約を反故(ほご)にして、イオン誘致を推進している馬場市長。イオンのなかに地域貢献施設をつくって、市民に役に立つ施設にしていく、市民の不安を少しでも軽減していく…と述べてすすめてきました。
 しかし、「目玉」(?)であった情報発信施設については財政負担が重い(年800万円と試算)ことから断念。他の課題も今後イオンと協議していく、というだけです。
 そもそも、地域貢献施設を何かつくれば市民負担を軽減できるのかといえば、そうではありません。周りは狭い道路で、第五小学校の目の前。規模は本町ヨーカドーの5倍、駐車場台数1700台。もともと無理な計画なのです。しかし、馬場市長は推進に転じたうえ、今度は、地域貢献施設についても市民を裏切ることになりました。
イオンの中に認証保育園を導入するというが
 財政負担が重いといいながら、認証保育園については導入するといいます(年2000万円の市負担)。本当に待機児解消を考えるなら、あの場所でいいのか? また、保育環境としても適切なのか? 認証保育園の保育料が高いため、利用したくてもできないという声にどう応えるのか?…疑問は膨らむばかりです。しかも、イオンが保育園の事業者を決めるのですが、まったく見えないのです。
イオン計画は中止すべきです
 現時点にいたっても、市民のみなさんに安心してもらえる材料がないこの計画は、中止すべきだと思います。市民のくらしを守らなければならない市長としては、まず一時中断を申し出るぐらいの姿勢を示すべきです。
 引き続きとりくみます。

 そのほか、家庭ごみ有料化、図書館への指定管理者導入問題など、さまざまな質疑が交わされています。

  椿にメジロ(黒目川遊歩道)
b0190576_2037944.jpg

by hara-noriko | 2012-03-03 20:37 | 市政報告 | Comments(0)

<< 3月議会 一般質問から(上) 3月1日から3月議会が始まります >>