3月議会の討論から(1) 共産党の予算組み替え案   

 私は、3月議会の最終本会議(3月27日)で日本共産党市議団を代表して、来年度予算案に反対する討論に立ちました。その内容を5回に分けてお知らせします。

 来年度予算案として議会に付されたのは次の5つです。
 議案第23号 平成24年度東久留米市一般会計予算案
 議案第24号 同、国民健康保険特別会計予算案
 議案第25号 同、後期高齢者医療特別会計予算案
 議案第26号 同、介護保険特別会計予算案
 議案第27号 同、下水道事業特別会計予算案
 これらのうち、一般会計予算案は、自民・公明・共産・みんなの党・宮川議員の反対で否決。下水道会計予算案は、全員反対で否決。一方、国保・後期高齢者医療・介護保険の予算案は、反対は共産党と宮川議員のみで、可決されています。そのため、下水道料金の値上げはなくなったものの、国保と介護保険は値上げされます(後期高齢者医療は広域連合ですでに値上げが決定しています)。3月29日の臨時議会では、一般会計予算と下水道会計予算について、暫定予算が可決されました。その詳細については、3月31日付のブログ「3月定例会と臨時議会が終わりました」をごらんください。
-------------------------------------------------------------------------------------------------------------

 反対討論の1回目は、日本共産党市議団が提案した、予算組み替え動議についてです。

 日本共産党市議団としては、予算案を検討し質疑を行なって来た結果として、一般会計予算案に対し、予算組み替え動議を提案しました。
 特徴は、次の3点です。
 【1】東日本大震災から1年がたち、その教訓をふまえて、
    市の防災対策や放射能汚染対策を強化すること
 【2】市民参加と合意形成を貫くこと
 【3】弱い立場に置かれた市民への対応をはかること

 具体的には、次の7項目を見直します。
 (1)急ぐ必要のない都市計画道路東3・4・5号線整備の凍結
 (2)イオン誘致に関連する南沢地区の用途地域変更計画策定業務委託の中止
 (3)保育料・学童保育料値上げのための社会福祉審議会子育て支援部会の設置を中止する
 (4)正規調理員が不足していないもとでの小山小学校の給食調理業務委託は中止する
 (5)第4小学校の解体工事実施設計委託、校舎棟解体工事、
   体育館および便所用仮設電源配線・配管工事の一時凍結
 (6)東中学校体育館解体工事実施設計委託、新設工事基本・実施設計委託を一時凍結
 (7)国の学力テストに加え市の学力テストを実施することは子どもの負担が大きく中止する
 こうした内容により財源を生み出します。この合計が、1億8502万3000円になります。

 それを次の11項目に充てます。
 (1)木造住宅耐震改修助成の実施に300万円
 (2)学校給食食材の放射線量測定実施に160万円。
   これは、東京都の測定が年3回なので、少なくとも夏休み期間を除き月1回実施するとして、
   8回分を市として測定の委託をするという考え方です
 (3)第4小学校の跡利用に関する市民検討委員会の設置に10万円
 (4)子どもたちの意見を市政に反映するための子ども議会の実施に5万円
 (5)全国で「孤立死」や「孤独死」が相次いでいる中、高齢者の福祉電話を復活させる。
    これに500万円
 (6)保育園の待機児童が300人近いなかでも、
    保育料が高いため認可外保育を利用できない、との声に応えるため、
    月5000円の補助を実施する。これに700万円
 (7)市の基本計画では、平成27年度までにコミュニティバスの実験運行を行なうことを
   位置付けており、 これに向けて進める責任が市にはある。
   地域公共交通会議を設置するために50万円、
 (8)資源ごみの集団回収報奨金を1キログラムあたり1円引き下げることは、
   ゴミ減量に逆行しかねない。市として、雑紙だけでなく、
   缶や古着などの回収も推進するなどの努力は理解するところですが、
   一層のゴミ減量を推進するために引き下げを中止する。これに600万円
 (9)東京都の後期高齢者医療の保険料は、全国1位の8731円の引き上げで、
    平均保険料が9万3258円にものぼります。また、後期高齢者医療での差し押さえは、
    全国1792人、そのうち東京都は148人。
    さらにそのうち、東久留米市は20人にものぼります。
    後期高齢者医療加入者の8割は年金からの保険料天引きですが、
    年金18万円未満の低所得者は天引きではありません。そういう方が滞納し、
    差し押さえにあっているといえます。
    生活実態をふまえない差し押さえが行われないよう求めるとともに、
    少なくとも市の裁量としてできることとして、
    都内ほとんどの自治体が実施している後期高齢者医療の
    健康診査の自己負担(500円)をなくす。そのために350万円
 (10)「聞こえ」が不自由な方のため、市役所内に磁気ループを備える。これに30万円
 (11)第4小学校の解体工事などの予算について、
    市民参加の跡地利用検討委員会で話し会っている間は凍結することとし、
    それを中心に1億5797万3000円を財政調整基金に積み立てる

 一般会計376億1800万円の予算のうちのごく一部でも組み替えることによって、市民のくらしを応援することができることを示したつもりです。市長が公約を守る立場に立ち切れば、本来できる提案ではないかと考えます。残念ながら、他の会派の方々の賛同を得ることはできず、否決されてしまいましたが、今後とも、提案した中身の実現のためにとりくみを強めていく決意です。

  ダイサギ(落合川)
b0190576_2084366.jpg

by hara-noriko | 2012-04-01 20:13 | 市政報告 | Comments(0)

<< 3月議会の討論から(2) 予算... 3月定例会と臨時議会が終わりました >>