災害がれきの処理で市に申し入れ   

 4月17日、日本共産党市議団は柳泉園組合に「女川町の災害廃棄物受け入れに関する申し入れ」を行ないました。いうまでもなく、被災地の復興において、災害廃棄物のすみやかな処理は重要課題です。そのために、できうる協力をしていくことは当然です。しかし、住民の不安・疑問をあいまいにしたままやみくもに進められるものではありません。十分な情報公開をおこない、理解を得ることが必要です。去る4月5日の住民説明会もふまえたうえで、以下の5項目を求めました。

 (1)住民説明会で出された質問について回答を作成し、ホームページなどで公開すること。
 (2)都に協力を要請し、再度の住民説明会を災害廃棄物受け入れ前に開催すること。
 (3)自治会などの住民団体から要請があった場合には、個別の説明会の開催など適切に対応すること。
 (4)情報公開を徹底し、住民の合意形成を図るため、構成する各市と連携してとりくみを実施すること。
 (5)柳泉園における周辺自治会協議会の合意について2月20日に開催された自治会に対する説明会の会議録をホームページなどで公開すること。

 対応してくださった森田助役は、「情報公開をおこない説明責任を果たす努力をする」と述べ、次のように回答しました。
 (1)と(5)については「公開に向け準備している」。
 (2)については「5日の説明会も3市の主催であり、柳泉園の一存では決められない。自治体(東久留米・西東京・清瀬)との調整が必要」。
 (3)については「周辺自治会の協議会は柳泉園が対応する」「ただ、説明などを他から求められた場合は、自治体と連携してできる対応をする」。
 今後の予定については、▽最終的には柳泉園議会で災害廃棄物処理の予算などが決定されて、はじめて受けいれが決まること▽まだいつの議会になるかは未定であること―などが話されました。
 同日午後、市の環境部長・ゴミ対策課長にも同趣旨の申し入れ(馬場市長あて)を行ない懇談しました。「5日と同じ形での説明会の予定はないが、住民から説明などの要請があった場合には今後も対応していく」考えが話されました。

 「しんぶん赤旗」の主張 「がれき『広域処理』政府は責任をもった方策を」もご覧ください。

  森田助役に申入書を手渡す共産党市議団
b0190576_20364343.jpg

by hara-noriko | 2012-04-18 20:37 | 活動日誌 | Comments(3)

Commented by 元市民 at 2012-04-30 14:50 x
共産党が広域処理賛成なのは大ショックです。 ただでさえ東京は放射能汚染されているのに、まだ被曝させるのですか?放射能は自然に減ることはありません。柳泉園の周りには団地や保育園があり瓦礫持ち込み大反対です。放射能に安全な数値なんてありませんよ。猛毒です。現地で施設を作り処理が一番です。チェルノブイリは持ち出しなんてしてませんよ。それなのにとてつもない被害で子供たちが未だに苦しんでいるようです。木下黄太さんやバンダジェフスキー博士を調べてみてください。愛知より西にも絶対に瓦礫を持ち込んではいけません。反対してください。民主党特に細野は日本を滅ぼうそうとしてるとしか考えられないです。
Commented by エコロ爺さん at 2012-05-24 21:58 x
北九州市議会でも、全会一致で受け入れを決議したそうです。
あのとき共産党も賛成と聞き、おどろきました。
なぜなのでしょうか。
市民にはいえない理由があるのかと思ってしまいます。
情報公開を、お願いしたい。
Commented by 原のり子 at 2012-05-27 19:48 x
 北九州市のことについてご意見をいただき、ありがとうございました。日本共産党北九州市議団がホームページでこの間の経過などを公開しております。こちらをご覧いただければ幸いです。
http://www11.ocn.ne.jp/~jcpksigi/news6.html

<< 議会のネット中継などを議論 議... 重大局面迎えたイオンの新築工事 >>