6月議会前半を終わって   

 6月議会の前半が終わりました。初日から、市長の発言をめぐって何度も議会がとまり、休会日だった4日も急きょ議会を開かざるをえなくなる、という事態になっています。
みなみ保育園民営化 法人選定委員会の会議録公開せず
 8日の私の一般質問でも、事前に、みなみ保育園民営化について質問すると通告し、法人選定委員会の会議録をそれまでに公開するよう求めていたにもかかわらず、何も公開されず、そのことをめぐって一時質問を中断せざるをえなくなりました。
 結局、厚生委員会(12日)の前までに提出する、となったのですが、そもそも、議会初日、市長が行政報告でみなみ保育園の受託園を公表するときに、選定結果や会議録を公表しておくのが当然です。とくに、今回は、第一位の法人が、態度を保留したあげく辞退しているという異例の事態になっているのですから、いっそう情報公開の徹底が求められます。
なにがなんでも民営化? 置き去りにされる子どもたち
 それにしても…市側の答弁によると、選定委員さんたちには、会議録のチェックを6月15日までに、とお願いしていたそうなんです。もともと、6月議会に間に合わせるつもりが市にはなかったんですね。それを委員さんに無理をいって急いでもらい、厚生委員会に間に合わせるというのです。あまりに勝手ではないでしょうか。
 私は、資料などをきちんと整えたうえで、9月議会に改めて報告したらどうか、それまではいったんみなみの民営化の作業は保留したらどうか、と提案しましたが、市長は「厚生委員会前に間に合わせます」と。何がなんでも民営化は進めたいのですね。改めて、子どもたちのことが置き去りにされていると思いました。
保育園保護者の努力
 実は、会議録の公開について、みなみ保育園のお母さんたちが、市に対し要望書を出すなど、働きかけ続けていたのです。その内容や保護者説明会の様子なども、私たち全議員にお手紙で知らせてくださっています。そうした努力のうえに議会での議論があることを実感します。厚生委員会に向け、準備します。

 *みなみ保育園民営化については、保護者のみなさんのブログを読んでいただけるとよくわかります。「東久留米市立みなみ保育園の民営化を考える」です。

by hara-noriko | 2012-06-09 14:35 | 市政報告 | Comments(0)

<< 6月議会一般質問から(1) み... 6月議会の日程が決まりました >>