暫定予算は可決されたが   

 6月議会で今年度予算が否決となり、6月26日に臨時議会が開かれました。1日限りの予定でしたが、夜中までやっても終わらず、27日に延会。最後は、市長陳謝、暫定予算可決、市長減俸(3カ月間給与半額)で幕を閉じました。
 討論・採決の前に、休憩に入り、3時間あまりも止まりました。そして再開すると、市長は、みなみ保育園保護者説明会の記録の改ざんについての謝罪と、「コンパクトシティ」について全面的に取り下げると発言。休憩前までは、取り下げる考えがまったくない、と繰り返しのべていたのですが…。
 これに対し、日本共産党の篠原重信議員が、市民から見えないいところで180度発言が変わることはおかしい、と厳しく指摘。市長は、まともにこたえることができませんでした。
 その後、討論に入り、暫定予算は可決されました(久留米ハートネットと共産党が反対)。賛成の会派からは、「諸情勢にかんがみ賛成する。しかし、これからも辞職勧告決議にもとづき対応していく」「コンパクトシティ、ようやく取り下げた。今後も市長を監視するという思いは変わっていないが、賛成する」「市民生活への影響を最小限に抑えることから賛成する」などの意見がだされました。
 賛成するか、反対するか…。共産党市議団でもくりかえし議論しました。私たちは、「市長が気に入らないから反対」という態度はとりません。市長の政治姿勢についてはきちんと指摘しながらも、予算そのものの中身で判断します。とりわけ、これは暫定予算なので、問題がなければ反対する理由はありません。しかし…、6月議会で否決された予算と基本的に変更なく出されています。なんのために、6月議会で議論したのか…。
 次回、私がおこなった反対討論を紹介します。

  アジサイ(落合川遊歩道)
b0190576_0192267.jpg

by hara-noriko | 2012-07-01 00:19 | 市政報告 | Comments(0)

<< 暫定予算に対する反対討論 みなみ保育園に関わる請願は採択... >>