市政報告会で貴重な意見をいただきました   

 7月10日、共産党東久留米市議団の市政報告会を行ないました。平日の夜にもかかわらず、二十数名の方のご参加をいただきました。参加してくださったみなさん、ありがとうございます。
 6月議会、臨時議会と本当にいろいろあったので、それをコンパクトにまとめて報告することは難しく…。でも、私としては、厳しい市政の状況のなかでも、市民の方々のねばりづよいとりくみによる、大切な前進もあることを伝えたい、という気もちで報告しました。
 報告後、参加者の方々から、大変貴重な意見をいただきました。
 「議会のインターネット放映や活動センターかなえの請願が全会一致採択になって本当によかった」
 「予算が否決されているもとでの市民生活への影響は」
 「非常用の井戸、飲料水について」
 「通学路の改善について」
 「イオン内に予定されている施設について」
 「5小通りで子どもがまた交通事故にまきこまれた。改めて、あの場所にイオン建設はすべきではないと言いたい」
 「家庭ゴミ有料化、グリーンボックスの今後について」
 「みなみ保育園にかかわる文書の改ざん問題について」
 「なぜ、介護保険のホームヘルプの時間短縮について改善を求める請願が採択されなかったのか」
 「市政・市議会の状況がわかりにくい。市民にわかりやすく伝えてほしい」
 などなど…。
 いただいた意見を受けとめ、とりくみを強めます。

  たくさんの意見が寄せられた市政報告会
b0190576_23311925.jpg

by hara-noriko | 2012-07-11 23:32 | 活動日誌 | Comments(0)

<< 保育行政について市民説明会が開... 臨時議会での質問から >>