臨時議会で暫定予算を可決   

 9月26、27の両日、臨時議会が行われ、暫定予算(12月末まで)が賛成多数で可決されました。共産党市議団としても賛成しました。
 暫定予算は、本予算が成立していない中でのつなぎ予算なので、市民のくらしを支える必要経費がきちんと盛り込まれていることが重要で、そういうものであれば反対するものではありません。
 しかし、これまで市長は、本予算否決の理由になっているものや、市長の政策的経費をそのまま載せて、暫定予算として通していくという手法をとってきました。(このやり方で、みなみ保育園の民営化も進められてきたのです!)私たちは、このようなやり方をずっと批判し、是正を求め、暫定予算に反対してきました。
家庭ごみ有料化は盛り込まず
 今回初めて、市長は政策的経費を盛り込まない形で出してきました。具体的にいえば、家庭ごみ有料化関連の予算です。9月議会でも、ほとんどすべての会派からさまざまな意見が集中しました。「経済状況が厳しいのになぜ今有料化するのか」「本当に財政効果はあるのか」「拙速ではないか」などなど。さすがに市長も暫定予算には盛り込みませんでした。
 これにより、市長の任期中に有料化されることはほぼ難しくなったといえると思います。共産党としては、あたりまえの形で出された今回の暫定予算については、賛成することにしました。
課題も残っている
 ただ、大きな課題も残っています。今回、暫定予算に載っている、所沢街道のイオン予定地近くの歩道橋撤去問題です。来春オープンのため、イオンのための交差点改良工事が行われようとしていますが、同時に歩道橋撤去をするというのです。この歩道橋自体は、バリアフリー法が成立したのち、歩行者の通行に支障があり、利用者もほとんどいない都内18カ所の歩道橋を撤去することを東京都が決めており、そのうちのひとつです。その点では、撤去は必要と考え、そこに限った予算計上であることから同意しました。が、交差点改良工事は、イオンの出店がなければ必要のない工事であり、一企業に対する税金の使い方、東京都・市・イオンの関係など疑問は大きく、9月議会全体を通しても、村山順次郎議員を中心にとりくんできました。引き続き追究していきます。

決算特別委員会の傍聴をぜひ
 10月3、4、5日は、決算特別委員会です。昨年度の予算の使い方はどうであったかを審査します。共産党市議団からは、村山議員と私が委員になっています。ぜひ、傍聴にいらしてください。午前9半から市役所3階にて。

  ハナトラノオ
b0190576_1411067.jpg

by hara-noriko | 2012-09-29 14:01 | 市政報告 | Comments(1)

Commented by 瓦礫拡散反対 at 2012-09-30 00:50 x
放射能関連のコメントはスルーのようですね。残念です。清瀬市議の宮原りえさんの意見を参考にしてほしいです。共産党には本当にがっかりしました!これからは党とか関係なく真剣に放射能の危険性を考えてる方を応援します。

<< 市長に反省と是正を求める 決算... 予算案三たび否決 予算特別委員会 >>