12月議会 10日午前9時半から質問します   

 12月議会は、現在、一般質問が行われており、残すところあと3人となりました。今日、私以外の共産党市議団のメンバーは質問を終了しました。私は、10日(月)の午前9時半からです。
10日は緊急質問も
 さて、今議会は、10日に緊急質問が行われることになりました。ひとつは、相次いで起きた職員の懲戒処分の問題について、もう一つは、教育委員の人事についてです。共産党市議団としては、職員の懲戒処分について、再発防止を中心に永田議員が質問します。
教育委員の人事をめぐって
 教育委員の人事問題については、議会運営委員会(議運)でもかなりの議論になりました。教育委員1名の方が、12月21日に任期満了を迎えるのですが、後任となる委員を12月議会に追加議案として提案したい、と市長はいっていました。しかし、議会初日の議運で、「今議会での提案はできない」と市長より報告。本来なら、最終日(21日)まで、鋭意努力して、それでも提案できないということであれば、その時点での報告となると思います。それを早々と断念してしまった…。
 もちろん、人事問題はデリケートで、時間もかかります。しかし、今断念することは、本来5人いなければならない教育委員を、4人の状態でも良しとしてしまうことになってしまいます。このことをめぐって、公明党の議員より、緊急質問をさせてほしい、と申し出がありました。
 私は、「市長は、最終日まで鋭意努力するという発言はできないのか」「もしそうした発言であれば、今の時点での緊急質問はなじまないと思う」と、市長に改めて聞きましたが、それはできない、しかし一日も早く提案できるようにしたい、と。共産党市議団としては、市長の発言が変わらないもとでは、質問したい、という議員の申し出は認めるべき、と判断しました。ただし、人事問題であることから、プライバシーなどへの配慮は十二分に注意が必要、との意見を述べました。
意見書を全会一致で可決
 初日の議会で、共産党・篠原議員の提案で以下の意見書が全会一致で可決されました。
 ・北朝鮮の「ロケット」発射計画に強く抗議し、中止を求める意見書
 北朝鮮政府は、12月10日から22日の間に「実用衛星」を打ち上げると発表した。国際社会が、強く非難した今年4月の打ち上げに続くものであり、東久留米市議会は、北朝鮮が情勢を悪化させる行動を繰り返そうとしていることに強く抗議し、新たな発射計画の中止を強く求める。
 国連安保理決議1874号(2009年6月)は、北朝鮮に対し、「弾道ミサイル」だけでなく、人工衛星など「弾道ミサイル技術を使用した発射」も行わないよう強く求めている。
 これは、北朝鮮が、国連安保理決議に違反して2度の核実験を強行したという深刻な事実を踏まえて行った決定である。打ち上げは「国際法で認められた自主的な権利」だとの北朝鮮の主張は到底通用しない。北朝鮮が国連安保理決議を順守し、2002年の日朝平壌宣言、2005年の6カ国協議の共同声明に立ち返るように求める。
 東久留米市議会は、日本政府に対して非軍事・外交的手段に徹しながら国際社会と協調して、北朝鮮による「ロケット」発射計画を中止させるために全力を尽くすことを求めるものである。

by hara-noriko | 2012-12-07 21:59 | 市政報告 | Comments(0)

<< みなみ保育園民営化問題で一般質問 12月議会が始まります >>