被災地のみなさんと思いをひとつに   

 5月19日、生涯学習センターにおいて「東日本大震災復興支援 まろにえ祭り」がありました。「東久留米の作家たちによる第3回チャリティー・アート&クラフト展」では、絵画・写真・折り紙作品・陶器・織物・ポストカード・児童書などの展示と販売が行なわれ、とても楽しめました。(いったん、他の用事に行った後、また来たいと思ったのですが、時間に間に合わず…残念。)
 3・11を忘れない、という作家の方たちの思いが伝わってきます。その素敵な作品と出会い、気に入ったものを買うことで復興支援に参加できて、とてもいい企画だな、と改めて思いました。被災地のみなさんと思いをひとつに、できることを続ける大事さを感じました。

  カルガモの親子(黒目川)
b0190576_23235876.jpg

by hara-noriko | 2013-05-19 23:25 | 日記 | Comments(0)

<< 9条の会 憲法守る熱い思い 橋下発言 怒りと悲しさに胸の奥... >>