東久留米駅周辺にベゴニアを植える   

 6月29日の午前中、植栽事業のボランティア活動に参加しました。これは、NPO法人東久留米フラワーネットワークが主催するもので、駅周辺の大通り(西口・東口)の沿道に、たくさんのベコニアを植えました。この植栽活動は、もう11年目に入るそうです。毎回、たくさんの市民団体の方々とともに、市役所、議員も参加しています。
 こういう場に参加すると、自分たちのまちのために、いろいろな形で尽力している人たちが大勢いるんだな…と実感します。「ちょっと足が痛いけど、このボランティアだけは欠かさず参加している」という方もいました。
 駅前の通りを歩くとき、ちょっと足元に注目してみてください。色とりどりのベコニアがかわいく咲いていますよ。

  東久留米駅西口の沿道に植えられたベゴニア
b0190576_183942.jpg

by hara-noriko | 2013-07-01 18:40 | 活動日誌 | Comments(0)

<< あたたかい声援につつまれた市議... 都議選で共産党は17議席に 議... >>