あたたかい声援につつまれた市議団の宣伝   

 参院選の公示(4日)が迫りました。きょう2日は、午前中議員団会議をおこない、午後から市議団4人そろって宣伝カーで市内全域をまわりました。手を振ってくださる方も多く、とてもあたたかい反応に嬉しくなりました!
 私は幸町のマルフジ横で訴えました。演説中も、わざわざそばまで来て、がんばってください、との熱い激励も受けました。
 私は、都議選の結果を報告し、「参院選は憲法とくらしを守るための大事な選挙になります」と話しました。そのなかで、都議選後、ある自民党支持者の方と話したことを紹介しました。
 その方は、「都議選で畠山さんが当選すると思っていましたよ~」と。それは、憲法をめぐってきな臭い動きがあり、それに対し、共産党がぶれずに憲法を守るために頑張っているから…と。「今一番心配なのは、憲法です。戦争には絶対反対、徴兵制など絶対にいけない、命より大切なものはない…。だから、共産党にがんばってもらいたい。自民党の改憲の動きにブレーキをかけてもらいたい」と話してくれました。平和を願う気持ちに垣根はないと感じました。
 日本共産党は侵略戦争に唯一反対を貫いた政党です。党をつくって91年間、戦争反対、くらし第一でとりくんできました。この党を伸ばしていただくことは、憲法改悪の動きを封じる保障になるのではないでしょうか。多くのみなさんと語りあっていきたいと思います。

  マイクで訴える村山順次郎市議と(右へ)私、篠原重信市議
  滝山団地センターで永田雅子市議が撮影
b0190576_22443592.jpg

by hara-noriko | 2013-07-02 22:45 | 活動日誌 | Comments(0)

<< 市議会厚生委員会が諸施設を視察 東久留米駅周辺にベゴニアを植える >>