比例は共産党へ 東京選挙区は吉良よし子さんへ   

 9日、東久留米駅西口で、笠井亮衆議院議員を迎えての日本共産党街頭演説をおこないました。猛暑のなか、200名の方々が耳を傾けてくださいました。候補者カーの上からだと、集まってくださった方々だけでなく、駅のホームで聞いてくださっている方、お店の前で聞いてくださっている方、仕事の手を休めて聞いてくださっている方などもいらっしゃることがよくわかります。本当にどうもありがとうございました。
 笠井さんのお話は、原発問題、憲法問題で先頭にたってとりくんでいるからこその、とてもリアルでわかりやすいお話しでした。そのなかで、赤旗日曜版に登場した自民党の元幹事長古賀誠さんの話を紹介しました。古賀さんはそのなかで「憲法の平和主義は世界遺産に匹敵する」と述べていました。笠井さんは、「富士山や三保の松原と同じように、日本がずっと大切にしていかなければならないもの」と。
 原発問題も、改めて、福島の人たちの苦しみに立っての訴えに胸を打たれました。笠井さんは、被ばく2世。ことばの一つひとつに重みがあります。
 選挙戦も明日で1週間。期日前投票もすすんでおり、毎日が投票日です。
 1票1票の積み重ねが必ず議席に結びつく比例代表は、ぜひとも共産党へ!
 東京選挙区は吉良よし子候補へ!
 この声を一日も早く広げていきたいです。

  写真は、(左から)畠山まこと北多摩4区都政相談室長、笠井亮衆議院議員、司会の私
  訴える笠井さんのひじからは、ポタポタと汗が落ちていました
b0190576_23231520.jpg

by hara-noriko | 2013-07-09 23:23 | 選挙 | Comments(0)

<< 共産党の躍進で自民党の憲法改悪... 市のタウンミーティングに参加して >>