共産党の躍進で自民党の憲法改悪を止めたい   

 12日夕方6時から東京・立川駅北口でおこなわれた日本共産党街頭演説に行ってきました。尾崎あや子・新都議会議員の訴えのあと、吉良よし子東京選挙区候補の若々しく力強い訴え、そして志位和夫委員長が演説しました。北口は、集まった人、立ち止まる人でいっぱいでした!
 志位さんは、「4つの転換」をこの選挙戦中の状況も踏まえながら話されました。自民党が9条を変えること、そして基本的人権は永久の権利だと規定した97条をまるまる削除することまで、改憲案にはっきりもりこんでいることを改めて指摘されたとき…私は本当にそんなことにならないようにストップをかけたい…と心の底から思いました。
憲法97条を読み直す
 家に帰ってきてから、97条を読みました。本当にすばらしい条文です。
 「この憲法が、日本国民に保障する基本的人権は、人類の多年にわたる自由獲得の努力の成果であって、これらの権利は、過去幾多の試練に堪へ、現在および将来の国民に対し、侵す事のできない永久の権利として信託されたものである」
 97条は、第10章の憲法の最高法規性について述べられている中に位置づけられ、基本的人権の本質について述べているものです。憲法の大事な本質を守り、平和な社会を未来に引き継いでいけるように…と強く思います。

比例代表は共産党へ 東京選挙区は吉良よし子候補へ
 政党を選ぶ比例代表の選挙は、票の積み重ねが必ず議席に結びつきます。ご支援を心からお願いします。そして、東京選挙区は、吉良よし子候補へ。よろしくお願いします!

  演説前に手を振る志位委員長と吉良候補
b0190576_23565819.jpg

by hara-noriko | 2013-07-12 23:56 | 選挙 | Comments(0)

<< コミュニティバスで質疑応答 比例は共産党へ 東京選挙区は吉... >>