9月議会の日程が決まりました   

 8月26日、議会運営委員会でした。議会日程は以下の通りに決まりました。

主な日程
 9月2日(月)本会議  議案上程・即決・付託・諸報告など
   4日(水)本会議  一般質問
   5日(木)本会議  一般質問
   6日(金)本会議  一般質問
   9日(月)本会議  一般質問
   11日(水)午前=総務委員会  午後=厚生委員会
   12日(木)午前=文教委員会  午後=建設委員会
   13日(金)予算特別委員会
   19日(木)本会議  討論・採決など

教育委員の人事はどうなるのか
 教育委員人事については、今後9月、10月に1名ずつ任期満了を迎える方の分について、初日に議案提案を行なうとの説明がありました。しかし、すでに空席になってしまっている1名分は、「提案できる見込みがない」と…。本来、3名分を提案すべきであり、それができないのであれば、初日に間に合わなくとも、ぎりぎりまで提案の努力がなされるべきです。さまざま議論がありましたが、今日は議会上程の決定は保留し、9月2日、本会議開会前に行われる議会運営委員会までの市長の努力を求め、その結果を報告することを要請する、とのとりまとめになりました。
認可外保育施設保護者助成金は
 また、補正予算案に、認可外保育施設保護者助成金が盛り込まれていることについて、議会が3月議会において修正案で削除したものについてなぜ盛り込まれているのか、議会との信頼関係に関わる、との意見が沢田議員(公明)より出されました。沢田議員は、「保育料改定とセットであるべき」「必要な施策ではあるが、財源を明確にすべき」と指摘してきたことについて、どう検討し提案しているのか質し、「上程は見合わせるべき」と。結果、この議案についても、初日の議運まで保留し、市長からの説明を求めるということになりました。
市長は誠意をもって説明してほしい
 本来、様式行為が整っている議案は、上程されて当然だと思います。しかし、今回の問題は、3月議会での当初予算の審議において、議会からの修正で削除され、付帯決議までついているものについて、それでも実施するとの市長の判断がなされるのに、その説明が行われていないことにあります。しかも、市長は、6月議会では提案しなかったのに、なぜ、ここで提案することにしたのか…、誠意をもって説明すべきです。
一日も早く助成をスタートすべきです
 共産党市議団は、一日も早く、この助成はスタートすべきと考えており、自公民提案の修正案に反対しましたが、市長の説明責任は果たされるべきだと考えます。そのうえで、中身の議論をしっかり行なっていきたいと思います。

  ハナトラノオ(落合川)
b0190576_21515744.jpg

by hara-noriko | 2013-08-26 21:52 | 市政報告 | Comments(0)

<< 共産党の一般質問は9月9日の見... アットホームな雰囲気と感動と ... >>