市民の意見から学ぶ 市政報告・懇談会   

 8月29日、日本共産党市議団で「市政報告・懇談会」を行ないました。平日の夜にもかかわらず、参加いただいたみなさん、ありがとうございました!
 とても活発に、たくさんの意見を出していただき、とても有意義でした。
 保育園待機児問題、図書館の民営化問題、中央図書館の会議室が使えなくなったことについて、平和行進など市民の平和への取り組みに対する馬場市長の姿勢について、まちづくりのあり方、市長の公約であったはずの保育のあり方検討会について、公共施設の維持・管理について、防災備蓄について、子どもの貧困問題について、くぬぎ児童館について、教育委員人事、など大切な問題ばかりです。共産党市議団として、もっと力を入れなければ、と気付かされた点も多々ありました。
 公共施設使用料値上げ問題について、「公共施設とは何を指すのか」といった質問もだされ、ハッとしました。市のねらいや対象施設など、基本的なところをていねいに説明していくことが大事だなと思います。
 いただいた意見に学びながら、9月議会に臨みます。

  有意義な意見をいただいた市政報告・懇談会
b0190576_01549.jpg

by hara-noriko | 2013-08-30 00:01 | 活動日誌 | Comments(0)

<< 市民による朗読劇「少女たちの戦... 共産党の一般質問は9月9日の見... >>