一般質問から(4)難病福祉対策   

 9月9日、一般質問に立ちました。その内容を4回にわけてお知らせします。今回はその最終回です。

 難病福祉対策についてうかがいます。
慢性肝炎 インターフェロン以外の治療に支援がない
 難病のひとつと思われる慢性肝炎は、平成14年度に東京都の難病医療費助成制度の対象疾病からはずれました。しかし、その後、薬害肝炎訴訟のとりくみのなかで、インターフェロン治療に該当した場合は、医療費助成が実施されるようになりました。ところが、インターフェロン治療以外の治療の場合は、何も支援がありません。
市の難病者福祉手当の対象とすることを検討できないか
 ある患者さんの場合、インターフェロン治療は適さないということで、ウルソという薬をずっと飲み続けています。また、少なくとも2カ月に1回は検査をして、肝臓の状態をみます。通常は、診察や薬代で月5000円程度ですが、検査が入れば1万円近くになってしまいます。制度のはざまにおかれている状況であり、せめて市の難病者福祉手当の対象とすることを検討できないでしょうか。見解をうかがいます。

  ハグロトンボ(落合川)
b0190576_2342049.jpg

by hara-noriko | 2013-09-14 23:04 | 市政報告 | Comments(0)

<< 予算特別委員会が途中でストップに 一般質問から(3)みなみ保育園民営化 >>