伊豆大島の支援に全力   

 台風26号の豪雨による大規模な土砂崩れで、伊豆大島では多くの人命が犠牲になりました。心からご冥福をお祈り申し上げます。そして、いまなお救援活動が続いています。また、二次被害が心配されるなか、避難勧告がだされました。報道で伝えられる状況に、本当に胸が痛みます。
 何かできることを…と、19日の定例土曜日宣伝では、伊豆大島への救援募金をよびかけました。たくさんの方が、あたたかい気持ちを寄せて下さいました。現地に確実に届けます。
 伊豆大島は東京都。人口は約8300人。宣伝しながら、ふと思い出しました。2010年8月に共産党で東京都の議員研修会があり、そのとき、大島町議会議員の方の発言を聞きました。港で街頭演説をしていたら、家のなかから出てきて、「聞いている人はいないんだから、うちでお茶飲んでしゃべっていけ」と声をかけられる…など、島のあたたかい雰囲気が伝わってくる話しでした。
 そういう島で今回25人をこえる人たちが犠牲になり、今なお20名を超える方が安否不明…。島の人たちは、胸が引き裂かれるような思いだと思います。国や都からの支援の強化を求めるとともに、できることをしていきたい…と思います。

*募金の送り先  
    郵便振替 00190-6-772033 日本共産党東京都委員会 財政部
                  必ず、「伊豆大島救援募金」とご記入ください。

by hara-noriko | 2013-10-20 00:06 | 活動日誌 | Comments(0)

<< 映画「約束」を自主上映 11月22日 「原発ゼロ」の声をもっと大きくしたい >>