ひどすぎる秘密保護法の成立   

草刈ちのぶさんと宣伝 「憲法守る市政に」と
 秘密保護法案の強行採決と成立…本当にひどすぎます。7日の午後、草刈ちのぶさんと一緒に宣伝カーでまわりました。草刈さんは、このような暴挙に抗議すると同時に、「こういう国の政治をなぞるような市政ではだめ。悪い政治の流れにしっかりものを言い、市民を守る防波堤の役割を果たせる市政にしていきたい」「私にも2人の息子がいます。若い人たちが戦争にまきこまれるようなことは絶対に防ぎたい。憲法をしっかり守る立場でとりくむ」と、心をこめて訴えました。
 「がんばってください」とたくさんの激励が寄せられました。公園で遊んでいた小学校2年生の女の子、「選挙って何?」「市長って何?」。草刈さんは、「学校で班長さんを決めたりするでしょ? 今度東久留米の班長さんを決める、っていうことだよ」と。さすが!
自治体の運営の土台は平和と民主主義
 12月4日に行われた「みんなでつくる東久留米市政のつどい」(あたたかい市政をつくるみんなの会)は、230名の参加で、とてもいい雰囲気でした。このとき、9条の会の方が、市長選予定候補として名乗りをあげている方3人に、アンケートを行なったことを紹介してくれました。草刈さんからは、9条を守ることや秘密保護法案に反対するとの回答があったが、他の方からは回答がなかった…と。自治体の運営の土台は、平和と民主主義です。今度の市長選では、このことが問われると私は思います。
  「つどい」の一場面。花束を持つのが草刈ちのぶさん]
b0190576_135734.jpg

by hara-noriko | 2013-12-08 01:04 | 活動日誌 | Comments(3)

Commented by 市内の幼児の父 at 2013-12-10 12:59 x
今度こそ本当に市民参加でという思いで立候補されると聞きます。嬉しいです。
少子高齢化や景気の先行不透明感やグローバル化等で出来てしまった市民の間にある溝、格差と言わずにあえて「価値観の溝」と言わせて下さい。様々に多様化した社会で必然的に出来た思います。悪戯に対立を煽りるのでは無く互いに譲り合い自然体で支え合える東久留米が希望です。
民主主義=多数決では無い。互いに尊重し合って話し合う中から合意点を見つける制度だと考えます。

今度こそ、と期待したいです。
Commented by 市内の幼児の父 at 2013-12-11 05:20 x
昨日書き込んだコメントに「草刈ちのぶさんが」を忘れてしまいました。
すみませんでした。
読んだ方が誤解されないように補足します。

報告の鉄則、5W1H、分かってるつもりが一番怖いミスですね。

議会傍聴では、討論や質問への答弁に、あれ?となる事があります。市民参加で…言っていらした馬場市長がいつの間にか…でした。

本当に「今度こそ」です。
Commented by 原のり子 at 2013-12-11 23:32 x
コメント、ありがとうございます。草刈さんは、ひとつひとつみんなと一緒に話し合いを積み重ねてきました。そのとりくみ自体が、とても大事だと思います。本当の市民参加へ前進していきたいですね!

<< 12月議会を終わって 秘密保護法案ストップを! >>