都知事選 宇都宮けんじさんを応援して街頭宣伝   

 1月15日、宇都宮けんじさんを応援する東久留米連絡会で、朝の駅頭宣伝を行ないました。
市議会4会派から7名が参加
 宇都宮さんを応援する市民のみなさんと一緒に、市議会の4会派7名が参加。社民党の桜木議員、ネットワークひろばの白石議員、さわやか市民自治の会の間宮議員、共産党市議団の篠原議員、永田議員、村山議員と私です。7人がそれぞれスピーチも行ないました。立場の違いをこえ、都民本位の都政実現のため力を合わせられること…とても嬉しく感じました。
 政策を広く知っていただき、宇都宮さんを応援してほしい…。それぞれのスピーチに込められた思いです。前回の都知事選で、大量得票した猪瀬前都知事が、闇献金問題で辞職したことからも、候補者の政治姿勢と政策できちんと判断していただきたいと強く思います。
公開討論会が中止になったわけは
 ところが…その大事な機会である青年会議所主催の公開討論会が中止になってしまいました。出席するとしていたのは宇都宮けんじさんだけ。舛添さんや細川さんらは欠席するということで、討論会が成りたたなくなってしまったということです。本当にがっかり、というか、ひどい…という思いです。以下、このことについての宇都宮さんの談話です。
宇都宮さんのコメント
 「主催者のご努力にもかかわらず、公開討論会が中止となったことは、候補者の政策を見て、誰に投票するかを決めるという、有権者にとってあたりまえのことすら実現できないということであり、とても残念に思います。他の候補者の方には、『後出しじゃんけん』や『人気投票』ではなく、正々堂々と政策論議を交わしていただきたいと切に思います。一刻も早く、オープンな場で政策討論ができることを望んでやみません」。
 政策と政治姿勢を伝えるために、応援する私自身も、努力していかなければと思います。

  7人の市議がそれぞれスピーチしました
b0190576_12115060.jpg

by hara-noriko | 2014-01-16 12:12 | 選挙 | Comments(0)

<< 沖縄・名護市長選 稲嶺進さんが当選 都知事選 宇都宮さんで東京から... >>