市議会厚生委員会の結果は…   

 3月13日、市議会厚生委員会でした。議案4件、請願13件。午後1時から6時半までの長時間の審査となりました。主な結果をお知らせします。
 議案はすべて可決。私は、昭和病院組合規約の変更についての議案(昭和病院を地方公営企業法の全部適用にすることについて)と、国保税値上げの議案には反対しました。
請願の扱いは…
 次の請願が不採択になりました。
 ▽保育園関係6件(待機児解消、民営化反対など)
 ▽くぬぎ児童館についての説明会を求める請願
 ▽障害者が65歳になると介護保険適用になりサービス低下が起きている問題の改善を求める請願
 ▽小中学生の医療費助成制度の所得制限撤廃を東京都に求める請願
 ▽私立幼稚園等保護者補助・ひとり親住宅手当・障害者住宅手当の切り下げをしないことを求める請願
 ▽後期高齢者医療保険料値上げの中止を求める請願
 採択された請願は2件のみでした。
 ▽生活保護基準引き下げの撤回を求める請願
 ▽介護保険給付切り下げ法案に反対する請願
すべての請願で紹介議員となった共産党
 共産党は、13件の請願すべて紹介議員となり、採択に向けとりくみました。最終的には、議案・請願は、本会議(最終日)において討論のうえ、全議員で採決をおこないます。そのため、委員会で採択されていても、本会議で逆転してしまうこともあります(逆もあります)。最後まで採択を求めてとりくむとともに、市民のみなさんの声が反映できるよう、請願の中身をふまえて、今後の予算特別委員会でもとりくんでいきたいと思っています。
驚く事態も
 今回も驚くことがいろいろありました。くぬぎ児童館が利用停止になり、その後の子どもたちが安全に遊べる場所の問題や、無人になる施設が残されるなかでの安全管理について、市民説明会を求める請願が不採択になったこと。並木市長は、説明会は必要なし、という態度に終始しました。また、3月末で民営化されるみなみ保育園について、引き継ぎに最善を尽くしてほしいと求める請願がまた不採択に…。「すでに最善は尽くされている」という議員の意見も…。子どもたちが安心して移行できるように、引き続き質問していきます。

  ムクドリ(黒目川)
b0190576_030726.jpg

by hara-noriko | 2014-03-15 00:30 | 市政報告 | Comments(0)

<< わかくさ学園の卒園式に出席して 3月議会の一般質問から(下) >>