5つの共産党市議団が連名で東京都に申し入れ   

尾崎あや子都議とともに
 5月28日、都庁にて、尾崎あや子都議と、東村山・東大和・武蔵村山・清瀬・東久留米市議団連名による、「特別養護老人ホームや認可保育園の建設のため、都有地・国有地の活用の具体化など迅速な対応を求める申し入れ」を提出しました。
 参加したのは、尾崎都議、山崎あきお市議(東村山)、尾崎りいち・森田真一の両市議(東大和)、原田ひろみ市議(清瀬)、私です。福祉保健局の担当課長など担当3名が対応してくださいました。
都有地と国有地の活用で特養ホームや保育所の増設などを求める
 要望項目(要旨)は、以下のとおりです。
1、都有地、国有地の活用による特養ホームや認可保育園等の建設の推進。
2、都営住宅の建替えによって生まれた空き地についての計画の推進。
3、国有地についても、都の未利用地のような半額貸与制度などを国に要望するとともに、都としての助成制度の創設を。
4、特養ホームについて、廃止した用地取得費の4分の3補助の復活を。用地購入費融資への利子補給制度の拡充を。認可保育園についても、用地取得費補助制度の新設を。
夜は被災地ボランティアの報告会に
 夜は、「福島県浪江町ボランティア報告会」に参加。篠原重信議員を含め9名のボランティア参加者の方々の報告を聞きました。篠原議員は10回目。民商の方々は、11回目のボランティア活動とのこと! 頭がさがります。
 「あのまちの状況を見て、原発再稼働、と言える人がいるのかと思う」「11回目の支援だが、打ちひしがれて、言葉にならない…」。そのひとこと、ひとことが重く、福島の今を伝えてくれます。
 報告を聞けて本当によかったです。できることで支援に参加していきたいと改めて思いました。


  東京都に申し入れる共産党5市議団の代表
  (左から)尾崎市議、山崎市議、森田市議、尾崎あや子都議、私です
b0190576_075888.jpg

by hara-noriko | 2014-05-30 00:08 | 活動日誌 | Comments(0)

<< 6月議会の日程が決まりました 市議会4会派7名で憲法守る学習... >>