ひどい! 「閣議決定」の強行   

 ひどい!集団的自衛権容認の「閣議決定」が強行されました。世論調査では、集団的自衛権に反対する意見が過半数をこえ、その危険性が広く伝わりはじめるなか、これ以上反対の声が増える前に決定してしまおう、ということなのでしょうか。
 閣議決定の撤回を求めるとともに、具体化を許さないとりくみを強めたい、と決意を新たにしています。
 6月30日、7月1日と連続して首相官邸前で抗議行動がおこなわれ、30日は4万人、1日は6万人が「閣議決定するな」「閣議決定撤回」「憲法守れ」「9条壊すな」と声をあげました。
 「日本を戦争する国にしない」「若者を戦場に送らない」…これからが本番です!
 日本共産党の志位和夫委員長は1日、「憲法を破壊し、『海外で戦争する国』をめざす歴史的暴挙―集団的自衛権行使容認の「閣議決定」の撤回を求める」とした声明を発表しました。ぜひごらんください。(声明は、こちらから)

  1日朝の市議団の駅頭宣伝です
b0190576_0255517.jpg

  首相官邸前で行われた抗議行動(6月30日)
b0190576_031217.jpg

by hara-noriko | 2014-07-02 00:26 | 活動日誌 | Comments(2)

Commented by なめねこ at 2014-07-02 17:01 x
 ある地方紙の社説のタイトルに「国民無視を貫く政権」とあった。安倍首相を辛辣に批判している。
 ちなみにその地方紙、別に「左翼」じゃないよ。自民党王国の県に本社のある地元の有力新聞社。読売ほどではないけどスタンスは自民党寄り。そこにまで辛辣な言葉で批判される安倍内閣。戦後最悪の政権だろう。
Commented by 原のり子 at 2014-07-04 01:23 x
本当に…。安倍首相の記者会見も、本当に「ウソで固めている」という内容でしたね。地方紙の健闘…希望を感じます。立場の違いをこえて共同し、安倍首相の退陣を実現しなければと思います。

<< 注目される政務活動費 映画「ゆずり葉」に感動 >>