夏の平和行事に参加して   

 夏の平和行事が続いています。この間、参加した行事から…。
平和祈念資料展
 7月17日、東久留米市の「平和祈念資料展」を見学。今年は、写真もふえ、人々の戦時中、戦後の様子がよくわかりました。出兵するときの写真と、骨壷が帰って来た時の写真は、やはり辛いです。また、郷土資料室の資料をもとに、東久留米での戦争についても展示され、とても大事な記録だと再認識しました。
Tシャツ100人展
 7月20日、ピースの木主催の「Tシャツ100人展」。平和を願う市民が緩やかにつながりあいながら、地道にとりくみをつづけ、今年で6回目とのこと。毎年楽しみにしていますが、今年のTシャツも個性豊かで素敵でした。ストレートに平和を訴える作品から、日常の幸せ、日々のくらしの大事さが伝わってくるものなど…。
平和行進
 7月22日、原水爆禁止世界大会(8月2日~9日、広島・長崎両市)に向かう平和行進に参加。行進前に、東久留米代表団の結団式がありました。今年も、村山順次郎議員が代表団の一人として参加します。集団的自衛権行使容認の「閣議決定」や原発再稼働の動き、米軍新基地問題、オスプレイ配備など、安倍政権が暴走するなかでの世界大会。本当に重要な大会になると思います。成功に向けてとりくみを強めたいと思います。
 原水爆禁止世界大会や平和行進については、こちらから。

 22日の平和行進に参加した共産党市議団
 (左から)村山順次郎議員、永田まさ子議員、原のり子、篠原重信議員
b0190576_2165894.jpg

by hara-noriko | 2014-07-23 02:18 | 活動日誌 | Comments(0)

<< 「子ども・子育て支援新制度」で... スポーツってすばらしい >>