市議団4人、上の原地域で調査   

コミュニティバスの早期実現を求めて交流集会
 17日、午前中は、コミュニティバスの早期実現を求める市民連絡会による、「コミュニティバス早期実現を求める請願 趣旨採択報告と今後の運動 市民交流集会」に出席しました。6831名もの署名による請願が趣旨採択になったことを生かして、実現に必ず結び付けようと、真剣に意見が交わされました。

上の原にふさわしい土地利用計画になっているのか
 また午後は、市議団4人で上の原へ。以前、このブログでも書きましたが、市は、上の原地域の大規模団地の建て替えや、国家公務員宿舎の廃止により生じる余剰地の土地利用計画を発表。共産党市議団は、市民の声をよく聞き、上の原にふさわしい計画への見直しを提起しています。
 東中学校体育館は、道路をはさんで埼玉県新座市側にあります。私たちが行った少しの時間でも、車がひんぱんに通り、ひやっとする場面も。東中の校庭は4小閉校後広くなっており、そこに、東中の体育館は移転新築する方針でした。しかし、並木市長はこの方針をとりやめにしてしまいました。改めて見に行くと、本当にそれでいいのか、と思います。
予算も不明のまま道路建設をすすめるのか
 また、企業誘導のため、都市計画道路と上の原地域を結ぶというアクセス道路…。まだ、どういう形になるのかも決まっていませんし、お金もいくらかかるか不明ですが、市長は強い意欲を示しています。想定される場所に行ってみましたが、高低差が激しく、本当にこの場所に?と思いました。
 改めて、子どもの体育館より、高低差がどうであろうと、予算が不明であろうと、道路は進めたいのか…と思わざるをえませんでした。

【関連記事】
不透明すぎる「上の原地区土地利用構想」

東中学校体育館前で
(左から)村山順次郎、永田まさ子、篠原重信、私の4市議
b0190576_01150590.jpg
アククセス道路が想定される地域
b0190576_01145974.jpg



by hara-noriko | 2014-10-18 01:17 | 活動日誌 | Comments(0)

<< 市が一方的に説明会開催へ さい... 男女平等 考えさせられたスウェ... >>