野火止図書室は地域の交流の場   

自転車で軽やかに
 この土日の日中は、秋らしくさわやかでしたね。私は日ごろ、印刷用のたくさんの用紙やハンドマイクなどを車に積んでいるので、どうしても車で動くことが多いのですが、25日はずっと自転車であちらこちらへ…。とっても気持ち良かった!
懇談会でたくさんの要望が
 ある地域での懇談会では、たくさんの要望・意見を聞くことができました。
 「生涯学習センターや図書館など、公共施設のトイレを改善してほしい。洋式化をすすめてほしい」
 「下里地域には集会施設がなく不便。ずっと以前から要望している」
 「新小金井街道などにはバス路線は通らないのか」
 「都議会のセクハラやじ問題への東久留米市議会の対応について」
 などなど。
野火止図書室の「子どもお楽しみ会」
 そのなかで、野火止図書室での「子どもお楽しみ会」が行なわれると聞き、午後に訪ねてみました。
 私がうかがったときは、ちょうどしおん保育園の保育士さんによる人形劇がはじまったところ。たくさんの親子、地域の方々、50人ほどがあつまり、見入っています。演目は、「まゆとおに」。私も、子どもたちが小さいころ、何度も一緒に読んだ大好きな絵本のお話しでした。子どもたちは、大喜び!
 そのあとも、紙芝居(桂みわこさん)、古典芸能和妻マジック(藤山つたえさん)とつづき、子どもも大人もとても楽しいひとときでした。最後は、「ようかい体操」。そこで時間切れで私は失礼しましたが、野火止図書室がとても大切な交流の場になっていることを実感して帰ってきました。
地域に根ざしたとりくみを大事にしたい
 市の「行革」では、いつも、野火止図書室が対象に上がっています。しかし、地域の方々による、野火止地区センター図書室管理運営委員会により地域に根差したとりくみ、とりわけ、子どもたちのためのこのようなあたたかいとりくみを市は知っているのでしょうか? こういう場所を大切にしていくことこそ、市に求められている、と思います。
定例の駅頭宣伝
 夕方は、毎週土曜日の定例駅頭宣伝。中央地域の共産党支部や後援会の方々と一緒に、1期目からずっと続けているので、顔見知りになりあいさつを交わす方もいらしてうれしいです。「さいわい保育園のこと友達から聞きました」という声も寄せられました。

毎週土曜日、東久留米駅西口で訴えています
b0190576_00054061.jpg

by hara-noriko | 2014-10-27 00:06 | 活動日誌 | Comments(0)

<< 一方的な保育園民営化実施スケジ... 「子ども・子育て新制度」 4月... >>