市議団で小学校を視察しました   

 11月12日、共産党市議団で小山小学校と第5小学校の視察を行ないました。
改修されたトイレや手洗い場
 小山小学校では、校長先生のご案内で、きれいに改修されたトイレや手洗い場を見せていただきました。子どもたちにとても喜ばれている、と。どこの学校も改善され、子どもたちが楽しく通える学校づくりが進むよう、とりくみを強めたいです。
普通教室の不足には見通しをもって対応したい
 第5小学校では、児童数がふえていくなか、普通教室が不足します。校長先生、副校長先生のご案内で、どのように対応する予定なのか、教室を見せていただきました。また、教室不足に対応するために市が購入しながら、そのままになっている校舎北側の土地も見てきました。すでに、就学児健診に3学級以上の人数が来ているうえ、学区域内に、3月末に144戸、9月末に150戸の住宅が建つことになっていると…。間違いなく子どもはふえます。見通しをもって対応する必要があることを痛感しました。
 来週は、東中学校、久留米中学校を視察する予定です。

小山小学校の改修されたトイレ(上)と手洗い場(ベンチ付き)
b0190576_21352143.jpg
b0190576_21352808.jpg

by hara-noriko | 2014-11-13 21:36 | 活動日誌 | Comments(0)

<< 柳窪にある村野家住宅を見学 住民の機運は高まっていないのに >>