麻生副総理の許されない暴言   

 7日に、麻生太郎副総理・財務相が、またまた許されない暴言…。「子どもを産まないのが問題」。そのことについて、9日に「産みたくても産めないことだった」「説明不足だった」などと述べました。が、その釈明の内容も私は問題だと思いました。
 そもそも麻生副総理の発言は、少子高齢化の問題で、高齢者が悪いのでなく、子どもを産まない方が問題、といういい方をしています。高齢者と若い人たちを対立的に描いていること自体、問題だと思います。また、「産まない」という選択をする人は最初から否定されているかのよう…。一人ひとりの生き方が尊重される社会にしていかないといけないですよね。
 改めて総選挙は大事になってきた、と実感です。ぜひ、共産党の総選挙政策をご覧ください!

日本共産党の総選挙政策
女性への差別を解決し、男女が共に活躍できる社会を―日本共産党は提案します
日本共産党の分野別政策

by hara-noriko | 2014-12-11 00:51 | 選挙 | Comments(0)

<< 日本共産党をぜひ応援してください たくさん感動した一日でした >>