草の根から政治を変える   

寒くても気持ちはほかほか
 12月27日(土)の夕方は、今年最後の定例土曜日宣伝でした。激励もたくさんいただき、寒い中でも気持ちはほかほか。新年最初の土曜日宣伝は、1月10日(土)の予定です。
 28日(日)の午後は、共産党市議団4人そろって、市内を宣伝カーでまわり、総選挙の結果や市議会の報告を行ないました。
政治を悪くしている政党助成金
 私は、総選挙の結果を報告するなかで、とくに感動した沖縄の共同の取り組み…こうした共同をすすめるのが共産党であることなどを話しました。同時に、政治をよくしていこうとするときに、いま、大きな問題になっているのが、政党助成金であることを話しました。毎年320億円も共産党以外の政党がわけあい、残ったお金を国に返すのでなく、ためこみまでおこなっている実態。政党助成金をもらいたいがために、離合集散を繰り返していること…。これでは政治はもっともっと悪くなってしまう。いよいよ、廃止すべきだ、と訴えました。
いっせい地方選挙へ
 そして、来年4月にはいっせい地方選挙。草の根から政治を変えていくために力を尽くしたい。国だけでなく、東久留米でも市民のくらしを第一に考えた税金の使い方をすすめるべきとの考えを話しました。
 うまくまとめて話せず…反省…。でも、話しながら、いっせい地方選挙は大事になってくるな…と思いました。頑張りたいと思います。

28日、イトーヨーカドー前で
b0190576_23515271.jpg


by hara-noriko | 2014-12-28 23:52 | 活動日誌 | Comments(0)

<< あけましておめでとうございます ヘイトスピーチ反対の意見書 可決! >>