「ぴゅああーと展」はじまる   

障害のある方々の芸術活動を推進
 きょう(14日)から、多摩六都フェア 第9回「ぴゅああーと展」が始まりました。障害のある方々の芸術活動を推進することを目的に、多摩北部都市広域行政圏協議会(小平・東村山・清瀬・西東京・東久留米)が主催し、実行委員会により企画・運営されています。毎年とても楽しみにしていますが、今回もすばらしい作品ばかり! 今年の応募総数は302作品。入選は116作品です。
受賞者を一人ひとり紹介
 オープニングセレモニーの会場は、東久留米市役所の屋内ひろば。私は、東久留米市議会から、広域行政圏協議会の審議委員として出ているので、審議会会長の津田議員と一緒に出席しました。並木市長のあいさつもありました。超満員のなか、受賞者を一人ひとり紹介し、作品がスライドに大きく映し出されます。恥ずかしそうにする人、嬉しくて前まで出てきて挨拶する人など、喜びが伝わってきます。本当におめでとうございます!
講評を聞けるのも楽しみの一
 今年も、武蔵野美術大学の大坪圭輔教授の講評がありました。この講評を聞けるのも毎年の楽しみです。すべての作品がすばらしく、入選を決めて行くのは本当に苦しい作業でもあること。みなさんの作品にある、何にもとらわれないのびのびとしたものは、大学の学生の作品に欠けているものでもある。これからも、すばらしい作品を生み出してくれることを期待する。…という趣旨の心のこもったお話しでした。
 こうした展覧会が広域で協力しあって実施されることは、とても有意義だと思います。各地域に、どんな障害者福祉施設があるかもわかり、理解が深まります。
 ぜひ、みなさんおでかけください! 市役所1階のプラザホールに入ると、ぱーっと晴れやかな、そしてあたたかい気持ちになります。15日、16日の午前10時~午後5時、入場無料です。

『ぴゅああーと展』の案内は こちらから
会場の市民プラザホール(東久留米市役所1階)への行き方は、こちらから

『ぴゅああーと展』のポスター(右)と開催の趣旨
b0190576_23562561.jpg

by hara-noriko | 2015-01-14 23:56 | 行事 | Comments(0)

<< 第7回「つるしびな巡り」開催中 新成人、おめでとう! >>