平和といのちを守る政治の実現へ   

 2月10日、東京体育館にて日本共産党の演説会がありました。会場は、3階席までいっぱいの人。東久留米からも、観光バスで40数名、それ以外にもたくさんの方が電車でかけつけました。いっせい地方選の予定候補214名も紹介されました。東久留米市議団4人もそろって参加しました。
 最初に赤嶺政賢衆院議員(沖縄県選出)のお話しがあり、とても感動しました。沖縄の人たちの合言葉は、「屈しない」。すごい。連帯してがんばりたいと強く思いました。宮本徹衆院議員、池内さおり衆院議員のあいさつもすばらしかったです。政治を、社会を変えていく情熱でいっぱいです。
 志位委員長の講演は、安倍政権の暴走が地方政治に影をおとしているということを考えさせるものでした。平和といのちを守る政治の実現へ、今度のいっせい地方選挙は本当に大事になっていると実感です。がんばりたいです。

2月14日(土)に国政市政報告会を開催します
 お知らせです! 2月14日(土)午後2時~4時、生涯学習センター地図)において、国政市政報告会を行ないます。国政の状況について、吉良よし子参院議員がお話しします。先日、ブラック企業問題で安倍首相に質問した様子をご覧になった方も多いのではないでしょうか?それを直接、東久留米で話を聞けます! また、私たち市議団4人もそれぞれ報告します。ぜひ、お気軽にお越しください。保育・手話通訳もあります。

演説会を報じた「しんぶん赤旗」の記事は、こちらから

訴える志位委員長
b0190576_20563402.jpg
演説会は満杯でした
b0190576_20564176.jpg

by hara-noriko | 2015-02-11 20:57 | 活動日誌 | Comments(2)

Commented by なめねこ at 2015-02-28 20:14 x
安倍首相は自分がしていることの恐ろしさをわかっていない。「戦後以来の大改革」などと言って、タブーを破った快感に酔いしれて、個人の名誉心でやっているのです。

②EUの国々がアメリカに追随したとしても、日本までその一員に加わる理由はない。仏教国の日本は幸いあの地域の宗教対立とは無縁です。日本の役割は単なるアメリカへの追随ではなく、アメリカをいさめる立場であるべきです。

上記は週刊朝日に載っていた元自民党所属の衆議院議員の山崎拓氏のインタビュー記事の一部です。昨年、赤旗に同じく元自民党所属の国会議員の野中広務氏や加藤紘一氏や古賀誠氏らのインタビュー記事が掲載され話題になりましたが、山崎氏は、在職中は田中派(のちに竹下派)や大平派(のちに宮沢派)に所属していたこの3氏とは違ってタカ派の中曽根派に長年所属しており、その経歴通りタカ派に分類にされる人です。そんな山崎氏でさえ、安倍首相の自分勝手極まる暴走ぶりに危うさを感じているのでしょう。平和を守るのにもはや右も左もないと強く感じる次第です
Commented by 原のり子 at 2015-03-01 00:42 x
安倍首相のおごりは本当にエスカレートしていますよね。それに伴い、この政権は危険だと感じるひとが増えているんですね。山崎拓さんのような立場の人も…。「平和を守るのにもはや右も左もない」まったく同感です!コメントありがとうございます。

<< 障害福祉の計画 大切な市民参加 市の来年度予算案 感じた問題点 >>