「元気が出た」の感想がいっぱい 国政市政報告会   

 2月14日、吉良よし子参院議員を迎え、国政市政報告会を行ないました。400名を超える参加者で熱気あふれるものとなりました。ご参加いただいたみなさん、本当にありがとうございました。
 吉良さんは、焦点になっている政治課題をたっぷり話しながら、国会の様子を新鮮な目線でリアルに伝えてくれました。安倍首相への初質問の話もとてもよかったです。参加者のみなさんは、笑い声あり、共感の掛け声あり! 「元気が出た」との感想がたくさん聞かれました。吉良さん、ありがとうございました!
 お話を聞きながら、暴走する安倍政権は本当に退場してほしい、そのために力をあわせたい、と思うと同時に、課題によっては党派をこえて押し返していく展望も感じました。介護報酬引き下げ問題などは、まさにそのひとつだと思いました。東久留米でも、市民が切望している特別養護老人ホームの設置がすすみますが、介護報酬引き下げが実施された場合の影響は本当に心配です。ますます、いっせい地方選挙は大事だと実感しました。
 私たち、市議団4人もそれぞれ市政報告を行ないました。「4人の話で、市政の全体がみえてきてよかった」「がんばってほしいと思った」など帰りがけに声をかけていただき、嬉しかったです。力をあわせて、がんばります!

国会の様子を伝えてくださった吉良よし子参院議員
b0190576_00414196.jpg
市議4人と吉良さんで声援に応えました
(左から)村山順次郎、永田まさ子、吉良、原のり子、篠原重信の各氏
b0190576_00420347.jpg

by hara-noriko | 2015-02-15 00:43 | 活動日誌 | Comments(0)

<< 私の訴えから-市政を動かしてい... 障害福祉の計画 大切な市民参加 >>