3月議会 一般質問の順番決まる   

 3月6日(金)から11日(水)まで市議会本会議でおこなわれる一般質問の順番が決まりました。1日だいたい5~6人の予定です。
共産党は11日(水)午後の見込み
 質問者は、日本共産党(4人)、公明党(5人)、社民党(1人)、久留米ハートネット(1人)、自民クラブ(4人)、東久留米維新の党(1人)、さわやか市民自治の会(1人)、ネットワークひろば(1人)、市議会民主党(3人)です。
 共産党市議団は、11日の午後からの見込みです。私は、4時半ごろからになるのではないか、と思います。ただ、見込み通りに進むとは限らないので、進み具合などは議会事務局042(470)7789にお問い合わせください。
 3月議会全体の日程は、こちらでご覧いただけます。
 
共産党市議団の主な質問内容
【村山順次郎議員】
 旧大道幼稚園跡地の利活用、イオン東久留米の営業時間延長問題、コミバスなど地域公共交通について、児童館行政、公共施設マネジメント、通学路の安全対策。
【永田まさ子議員】
 上の原に開設予定の特養ホームについて、空き家対策、ひばりが丘北口開発、上の原土地利用構想、東中学校体育館、教育委員会制度。
【篠原重信議員】
 介護保険事業計画、耐震改修促進計画、南沢通りの拡幅・歩道設置、バス路線の拡充、交通事故防止対策、町名表示変更、障害高齢者の後期高齢者医療への移行。
 

【原のり子】
 (1)公立保育園民営化の問題点と保育園待機児解消について
 (2)特別支援教育の充実について
 (3)差し押さえ問題について
 (4)道路工事の問題点について
 (5)公共施設のバリアフリー化について
 

市民のみなさんからの請願
 請願は24件寄せられています。共産党市議団は、現地調査が必要だと判断した1件以外の23件に紹介議員となりました。
 上の原のアクセス道路整備について調査や説明会を求める請願、上の原土地利用構想を市民参加で見直すことを求める請願は、7件。
 保育園民営化問題や待機児解消などの請願は、11件。
 そのほか、通級指導学級の今後について説明と保護者の意見を聞くよう求める請願、雨水排水対策、公共施設使用料の減免復元、ミニデイサービスの施設使用料の減免、子どものインフルエンザ予防接種の負担軽減など、切実な請願が寄せられています。


バン(黒目川)

b0190576_22372524.jpg

by hara-noriko | 2015-02-26 16:47 | 市政報告 | Comments(0)

<< 認可保育園増設こそ、急がれる 3月議会が始まります >>