村山順次郎議員が総括代表質問   

堂々と国政の課題について市長の姿勢を問う
 5日に日本共産党東久留米市議団を代表して、村山議員が総括代表質問を行いました。堂々と、市民のいのちと暮らしを守る責務を負っている市長として、国政の課題についても必要な意見を表明すべきと述べ、見解を求めました。
市長はほとんど答えず 消費税増税に苦しむ市民に寄り添う発言もなし
 並木市長の答弁で特徴的だったのは…国政問題はほとんど答えない、という姿勢でした。平和、歴史認識、沖縄の基地問題、核不拡散条約(NPT)再検討会議、原発問題などの課題について、「意見を差し控える」と述べた並木市長ですが、消費税については、「社会保障制度改革とその制度を支える財源の確保をはかるもの」と。一方で、消費税増税に苦しむ市民に寄り添う発言はなし…。
子ども議会の開催を求める 市長答弁にどよめきが
 村山議員は、「市民全体の市政への関心を高め、子どもの権利条約にもとづいた意見を表明する権利を具体化するためにも、子ども議会の開催を求めます」と質問しました。
 市長の答弁にどよめきがおきました。「私は市長として、子どもたちがグループ活動などを行なっている場に赴き、多くの子どもたちの意見や話を聴きたいと考えております」と答えたからです。いろいろな場で話をきいていくことは大切であり、市長としては当然ともいえます。子ども議会は、子どもをきちんと権利の主体者として認め、意見表明権を保障し、実際の市政運営に子どもたちの声を生かしていく公式な場となります。その意味合いをよく理解されていないのか…と感じました。子どもの権利条約を日本が批准して20年。子どもの声、思いが届く市政にしなければ、と強く思いました。

梅の木にとまるツグミ
b0190576_21155770.jpg

by hara-noriko | 2015-03-09 21:16 | 市政報告 | Comments(0)

<< 共産党市議団の一般質問 ぜひ傍... 東京新聞の連載「女の議会みち」 >>