保護者の指摘に道理あり-さいわい保育園民営化   

傍聴でいっぱいだった市議会厚生委員会
 厚生委員会は、16日午後1時から夜7時までかかりました。傍聴席もほぼいっぱい。委員会室外の控室で、音声を聞いている赤ちゃん連れのお母さんの姿も。くわしい報告は後日おこないますが、いくつかお知らせします。
さいわい保育園民営化 希望すれば卒園保障を行なうと市側が発言
 さいわい保育園民営化について、平成25・26年度入園者に公文書にて「希望すればさいわい保育園を卒園できる」としていたものを、27年度には同じ公文書で「同意のもと新園に移ってもらう」と変更した件について、もとの公文書のとおり、希望すれば卒園保障を行なうと市側が発言しました。
いったん民営化は立ち止まり、問題を整理すべきです
 しかし…間違いを訂正したわけでも、混乱を招いたことへの謝罪があったわけでもありません。新しい文書ができても、もとの文書を否定しているわけではない、との見解なのですが…とても不可解ですし、無責任であると思います。保護者の方が請願でおっしゃるとおり、ここはいったん民営化は立ち止まり、問題を整理すべきです。いったん凍結し説明責任を求める請願は、残念ながら採択を主張したのは私だけで、関根議員(公明)小山議員(自民)近藤議員(民主)が反対し、間宮議員(市民自治)は趣旨採択で、結果不採択でした。
 私は、この問題をこれで終わりにはできないのではないか、と思っています。ただ、保護者の指摘に道理あり、ということが鮮明になったことは重要です。
「認可外保育施設への保育料助成の実施を求める請願」は採択
 「待機児童を考える会in東久留米」のみなさんからの請願、「認可外保育施設への保育料助成の実施を求める請願」は、近藤議員(民)間宮議員(市民自治)私(共産)が採択を主張し、関根議員(公明)小山議員(自民)が趣旨採択で、結果採択になりました!
認可保育園増設を求める請願は不採択に
 ただ、認可保育園増設を求める請願は、自公が反対、民主が趣旨採択、市民と共産が採択で、結果不採択となっています。

18日の予算特別委員会で質問に立ちます
 17日から、予算特別委員会がはじまりました。17日の補正予算は、上の原のアクセス道路関連の繰越明許(年度内に支出が終わらないと見込まれる予算を翌年度に支出できるようにすること)があり、反対しました。18日は、各会派の総括代表質疑があります。公明、自民、共産、民主の順なので、私は多分午後1番かと思いますが、ひょっとすると若干午前中に質問が入るかもしれません。

3月議会の今後の日程
   17日(火) 予算特別委員会…補正予算
   18日(水) 予算特別委員会…当初予算の総括質疑(公明、自民、共産、民主)
          日本共産党は私、原のり子が質問に立ちます。
   19日(木) 予算特別委員会…当初予算
   20日(金) 予算特別委員会…当初予算
   23日(月) 予算特別委員会…当初予算
   26日(木) 本会議(最終日)…討論・採決

ボケの花
b0190576_02133864.jpg

by hara-noriko | 2015-03-18 02:13 | 市政報告 | Comments(2)

Commented by 市内の幼児の父 at 2015-03-22 21:53 x
自らの間違いを認めて謝ることすらしない…本当に強引ですね。同じ大人として絶対にあのようにはなりたくない。

市民プラザにあったタウン通信誌で小平の雑木林閉鎖の記事を読み〈同じ構図〉を感じました。
東京都は「地元の市から要望あれば開放を検討する」と答え、市は「要望する気は無い」と答えて開放は無さそう。
都有地事業所管は「市からの要望次第で対応が決まる。良く話し合うように。」と言い、「市は既に決めたので変えない」と言う。

市民の気持を受け止めない行政、どこも同じ構図ですね。
Commented by 原のり子 at 2015-03-24 18:28 x
コメントありがとうございます。間違いがわかったときに、謝罪し、正面から正す。こんなあたりまえのことが通らないのは、本当におかしいです。ようやく、予算特別委員会で、保護者の方への「申し訳ない」という気持ちを市長が発言しました。やはり、保護者の指摘に道理があったのです。しかし、経過については、まったく腑に落ちません。公文書の取り扱いについても、問題を残しました。引き続き、あいまいにしないでとりくみます。

<< 「はげますつどい」においでください 一般質問 保育園問題が大きな議論に >>