3月議会終わる   

国民健康保険税は低所得者層の負担が軽減
 3月議会が終わりました。共産党市議団として、くらしが厳しい中、これ以上の市民負担強化が行なわれないように、1月に市長に申し入れもおこなうなど、とりくみを強めてきました。
 国民健康保険税については、4年連続で引き上げられてきましたが、来年度は、課税限度額の引き上げにより、所得の高い方3%ほどは引き上げになるものの、全体として据え置き、また、軽減判定所得の見直しにより低所得者層の負担が軽減されます。この議案は、全会一致で可決されました。
今後もとりくみ強める
 12月議会でも、国保税引き上げに反対する請願が提出されていました。まずは良かったです! あわせて、それでも高い国保税の負担軽減について、今後もとりくみを強めたいと思います。
 一方、保育料、介護保険料の引き上げについては、影響が大きく、共産党としては反対しました。私の討論は、順次掲載します。

ユキヤナギ
b0190576_23011089.jpg

by hara-noriko | 2015-03-27 23:01 | 市政報告 | Comments(0)

<< 保育料の引き上げに反対しました 東久留米駅から昭和病院までのバ... >>