世論と運動で「戦争法案」ストップ   

 5月14日、安倍内閣は、アメリカが世界のどこで戦争を引き起こしても、自衛隊が参戦・軍事支援できる戦争法案を閣議決定しました。憲法9条をこわす暴挙…。しかも、新法案1本と10本の法改悪を一本化した一括法案を国会に提出して、夏までに一気に成立させようというのです。内容もやり方も許されません。「戦争は絶対にだめ」「憲法を守ろう」の圧倒的な声で必ずストップをかけましょう!


5月16日 東久留米でも集会
 東久留米でも、5月16日(土)午後1時半から、「戦争はいやだ!憲法をまもる 東久留米市民大集会&パレード」(主催:憲法をまもる東久留米共同行動)が行なわれます。パレードは、市役所前の屋外ひろばからスタートするそうです。主催者の方から、戦争はいや、憲法を守ろうの一点で、幅広い個人・団体によびかけられています。日本共産党市議団からも、参加します。ぜひ、ご一緒に!

【戦争法案を知るために】
戦争法案 戦後最悪の憲法破壊
戦争法案「総力あげ阻止」 志位委員長が会見
「戦争する国づくり」ストップ

b0190576_15160613.jpg


by hara-noriko | 2015-05-15 15:16 | 活動日誌 | Comments(4)

Commented by なめねこ at 2015-05-24 08:33 x
 先週の報道番組で自民党の有力議員だった山崎拓氏が再び安倍首相を辛辣に批判していましたね。以前のコメントの繰り返しになりますが、在職中はタカ派・改憲派だった山崎氏でさえ、今回の戦争法案と安倍首相の政治手法に憤りを感じている様子がわかりました。
Commented by 原のり子 at 2015-05-25 18:26 x
山崎拓氏の記者会見の様子も、しんぶん赤旗で記事になりました。こういう立場の方が、「戦争法案と安倍首相の政治手法に憤りを感じている」ということ、本当に重要ですよね。また、山崎氏も今国会での成立にこだわらなくていいと述べていましたが、少なくとも国民に理解されないまま、今国会で無理に通すべきでない、という声もふえてきていますよね。一致点を大事にしながら、必ずおしかえしたいです!コメントありがとうございました。
Commented by なめねこ at 2015-06-12 23:21 x
 先月の記事になりますが、前回の書き込みと関連するコメントなので、こちらに投稿させて頂きます。
 しどろもどろの国会答弁を繰り返しても何ら恥じることもなく、「数の力で押し切れる」とふんぞり返っている安倍内閣および自民党の傲慢な態度と出鱈目ぶりに、とうとう山崎氏ら元自民党古参幹部も黙っていられなくなったようですね。今の安倍内閣と自民党の横暴な様は保守だ革新だという以前の問題です。
 こうした今の自民党の姿に関連して、日刊ゲンダイに~不破哲三共産党前議長「70年代の自民党は傲慢ではなかった」~という記事がタイミングよく掲載されていました。この記事を読んだ時、私の父も「三角大福時代の自民党は良かった」と言っていたのを思い出しました。一昔前は政権の座にあっても、自民党もそれなりに謙虚さを備えていました。懐が深かったんでしょうね。その言葉、皮肉にも谷垣さんが好んで使っていましたが。
 さて、あくまで個人的な思いですが、谷垣さんには多少は期待しているんですがね…。安倍首相やその周辺の人達とは違って良識はある人ですから。ところが、内閣や党内のポストに目がくらんでなのか、政治家としての信念を封印して安倍首相に無理に従い、筋の通らない彼らしからぬことを言っている。本当にがっかりさせられます。谷垣さんまでそういう有様ですから、もう今の自民党には自浄作用が期待できないのかもしれません。
 三角大福の時代、私は中学生から高校生で政治の話も分かるようになった時期でしたけど、当時の自民党は今より遥かにまともでした。不破さんの言う通りです。
Commented by 原のり子 at 2015-06-13 19:12 x
日刊ゲンダイの記事、読んでいなかったので、読んでみました。以前の自民党を知っている不破さんの話は説得力がありますね。今の安倍政権の「鈍感」さを指摘していますが、これは、政治家として致命傷ですね。今週の赤旗日曜版でも元自衛官の人たちがコメントしていますが、自衛隊の人たちのリスクが高まる、「殺し殺される」事態になりかねない、ということがわからない…。想像力もなく、鈍感…。保守の方たちのなかの良識ある人たちが、もっと声をあげて、つながっていけたらいいですね。コメントありがとうございます。

<< 総合教育会議 「教育大綱」に合... 臨時議会と6月議会のお知らせ >>