市長に2つの緊急申し入れ   

 6月1日、日本共産党市議団として、並木克巳市長に2つの緊急申し入れをおこないました。
横田基地へのCV22オスプレイの配備中止を
 ひとつは、「横田基地へのCV22オスプレイの配備中止を政府に求める申し入れ」です。市長は、申し入れは真摯に受け止める。まずは、近隣市町村の状況など情報も収集していきたい、と。
市政にかかわる諸課題で
 もうひとつは、「市政における課題についての緊急申し入れ」です。
(1)「教育大綱」について…このブログでも書いてきましたが、市長が主宰する総合教育会議が教育大綱をとりまとめました。残念ながら、市民意見を聴取しないままのとりまとめとなり、今からでも、パブリックコメントを、と要請しました。パブリックコメントを実施している自治体の例も紹介して検討を求めました。
(2)「上の原地区土地利用構想整備計画(案)」について…説明会を再度開催してほしいこと、パブリックコメントを実施してほしいことを要請。現時点で考えていないとのことでしたが、その必要性を訴え再度検討を求めました。
(3)さいわい保育園民営化問題と、(4)保育料・学童保育料については、担当部・課に状況を確認するとのことでした。
 間もなく始まる6月議会で、しっかり議論していきたいと思います。

市政における課題についての緊急申し入れ全文

 新しい議会における初めての定例会が、間もなく開催されます。共産党市議団は、公約に立ち、市民が主人公のまちづくりをすすめるため、議論を尽くしていきたいと考えています。現在、市政においては多くの懸案課題があり、それらは第二回定例会で議論が交わされることになります。同時に、定例会前の現段階で、検討が急がれる課題もあり、以下の項目について、申し入れます。検討、対応をお願いいたします。

(1)総合教育会議で議論され、「東久留米市の教育、学術及び文化の振興に関する総合的な施策の大綱」がまとめられました。大綱は、学校教育、生涯学習なども含んだ、すべての市民にかかわる内容です。本来、決定前に、市民意見を聞く必要があったと考えますが、これからでも、大綱に対するパブリックコメントを実施し、市民の意見を聞くことを求めます。

(2)昨日、「上の原地区土地利用構想整備計画(案)」に関する説明会が実施されました。市民のみなさんからの疑問・質問も多く出されています。それらが解決されないまま強行すべきではありません。再度の説明会実施を求めます。また、説明会に参加したくてもかなわない市民もいることから、パブリックコメントを実施することを求めます。

(3)さいわい保育園民営化は、保護者合意のないまま、事業者の公募や選定を強行することの無いよう強く求めます。

(4)現在、子ども子育て会議で、保育料・学童保育料の改定について議論されています。保育料は、新制度の対応として4月にすでに改定されており、このうえさらなる値上げをするのか、という問題は十分な検討が必要です。また、学童保育料は、延長保育やそれに伴う料金設定などは未定であり、基本の保育料を先に上げてしまうことで、市民負担の増大が心配されます。子ども子育て会議において、慎重に議論していただける時間を十分保障するよう求めます。

並木市長(左)に申し入れる共産党市議団
(左2人目から)篠原重信、原、永田まさ子、村山順次郎の各市議
b0190576_00452550.jpg



by hara-noriko | 2015-06-02 00:47 | 市政報告 | Comments(0)

<< 6月議会の日程決まる 若者を戦場に送らない >>