安保関連法案 今国会で採決しないよう求める意見書を提出   

 6月9日は、6月議会の初日でした。共産党市議団は、「安全保障関連法案の慎重審議を求める意見書」を、市議会民主党・市民自治フォーラム・東久留米維新の党・社民党とともに提案しました。
 変更がなければ、国会会期末は市議会最終日(29日)より前の24日。今、意見をあげることが重要だと判断し、「安全保障関連法案の採決を今国会で強行せず、慎重審議を行うことを求める」ことを一致点に提出したものです。
1票差で否決
 残念ながら、自民・公明・宮川議員の賛同を得ることはできず、1票差で否決されました。
 このあと、市民のみなさんからの請願は総務委員会にかかります。戦争法案強行にストップをかける声を東久留米からもあげられるよう、引き続きとりくみます。

アジサイ
安保関連法案 今国会で採決しないよう求める意見書を提出_b0190576_23284771.jpg


by hara-noriko | 2015-06-09 23:29 | 市政報告 | Comments(0)

<< 14日まで 東久留米市環境フェ... 6月議会を前に市政報告懇談会開く >>