戦争法案を必ず廃案に追い込む   

 7月15日、衆院安保法制特別委員会で、自民・公明の与党は戦争法案の採決を強行しました。16日にも衆議院を通過させようとしています。本当にひどすぎる!
 15日付の「しんぶん赤旗」でも、改めて、世論調査の特徴を記事にしていますが、圧倒的多くの方が「説明不十分」と指摘し、法案の今国会成立に反対する方が6割をこえています。
 吉良よし子参院議員のツイッターにも、「たたかいはここから!」とありましたが、本当にそうですね。妊娠6カ月の吉良さんが、心の底からの思いでとりくんでいることを感じ、グッときます。安定期とはいえ、体を大事にしながら頑張ってほしい…。そして、子どもたちに平和な社会を必ず引き継いでもらう…その譲れない思いを胸に、私もできることをします。
 15日は、日本共産党の創立記念日。93周年です。侵略戦争反対、国民主権を貫いてきた党の一員として、戦争法案を必ず廃案に追い込むために、共同を広げてがんばります。

15日、若者たちは深夜まで、国会正門前で抗議行動をおこないました
b0190576_01493819.jpg

by hara-noriko | 2015-07-16 01:50 | 活動日誌 | Comments(0)

<< 戦争と人々の暮らし 子ども子育て会議の答申内容が決まる >>