西東京朝鮮第二幼初級学校の学芸会へ   

 15日は、西東京朝鮮第二幼初級学校(町田市)の学芸会へ。幼稚園と小学校の子どもたちが、踊りや民族打楽器の演奏などを披露します。映画「60万回のトライ」を観たことがきっかけで、朝鮮学校に行ってみたい、と娘と話していて、ハムケの会の方に教えていただきうかがうことができました。
踊りにも演奏にも感動
 踊りも演奏も、本当にすばらしく、感動しました! それも、それぞれの年齢に応じた内容で、「やらされ感」が全くなく、のびのびとしていて…。また、小学校の高学年にもなると、とても自主的で、自分たちで息をあわせて取り組みます。その真剣さが胸に迫ってきます。すごい! これは、自分たちのルーツを学び考える、日ごろの学習が裏付けになっているのだろう、と感じました。
 それにしても、朝鮮の音楽や舞踊は素敵ですね。自分たちの民族の文化を学び、大事にしていくということは権利であり、守られなければならないことだと強く感じました。帰りがけに校長先生ともお会いすることができ、また、校舎内も見学させていただきました。ありがとうございました。

スズメ
b0190576_23105799.jpg

by hara-noriko | 2015-11-16 23:11 | Comments(0)

<< 市民みんなのまつり 来年度予算で政府に要望 >>