教育大綱に市民の意見を反映させる仕組みを   

市長は、教育大綱と教育振興基本計画の整合性をはかったと報告
 3日の本会議(初日)で、市長による行政報告がありました。このなかで、教育振興基本計画の改定について、教育大綱と教育振興基本計画の整合性をはかった、という報告がありました。私は、このことについて質問しました。10月30日のブログでも書きましたが、何が問題だと感じているか改めて…。
教育大綱決定に際して、市民の意見を聞く機会はもたれなかった
 市長が総合教育会議で教育大綱を決めましたが、その段階で、市民意見を聞く機会はもたれませんでした。今回の基本計画の改定は、大綱との「整合性をはかる」、大綱にもとづいて改定するものです。懇談会の場でも、基本計画を改定するにあたり、「大綱は変更できない」と教育委員会が答えています。つまり、基本計画改定についてのパブリックコメントはありましたし、懇談会もありましたが、大綱はすでに決定しているものであり、「先にありき」なのです。
基本計画は大綱の趣旨にもとづく、とされている
 教育振興基本計画改訂版の1ページから3ページには、図も示して、基本計画の中心は大綱であること、大綱の趣旨にもとづくことがはっきり示されています。それなのに、大綱そのものについての市民意見を聞く場面がないということは問題です。市長の報告では、教育委員会と十分協議したことが強調され、教育長もそのように強調されていました。どうも、私の質問の趣旨が伝わっていないのでしょうか…。
 市民が大綱について意見を言える、それが反映される、というしくみを確立しておかないと、なんでも総合教育会議で大綱にもりこめば、それが無条件に方針化されるということになりかねません。教育委員会を信頼していないから、ということではありません。そういうシステムが必要なのです。
 今回の改定で、教育振興基本計画は、東久留米の教育の最上位計画、という言葉がなくなり、教育振興のための基本的な計画、と置き換えられました。位置づけが変わったのかと聞いても、正直なところ明確な説明がありませんでした。
決まったことにものがいえない事態にならぬよう…
 …なんだか、この問題を考えると胸がざわつきます。なぜ、大綱案の段階で、市民意見を聞くことが必要だということが伝わらないのだろう…。そんなに難しいことではないはずなのに。市民は、「決まったことにものがいえない」「黙って従うしかない」、そんなことに絶対にならないように、大事な問題として考えていかないといけないと思っています。

コサギのいる風景(黒目川)
b0190576_23525725.jpg



by hara-noriko | 2015-12-04 23:53 | 市政報告 | Comments(2)

Commented by 元市内の… at 2015-12-05 07:01 x
久しぶりにコメントを寄せさせて頂きます。

教育大綱の件、ゴミ有料化や市立保育園の民営化と同じ問題を抱えているなぁと感じます。市長や議会の市長与党は選挙で選ばれた。だから何でも決めて良いだと言わんばかりに進めてしまう。市民として意見しようとすれば裁量権だとして受け付け無い。その一方で話し合いたいとか言って対話路線を強調してる。

最初から意見を聞く気は無く市役所の都合ありきで進んでいくんですね。
Commented by 原のり子 at 2015-12-06 23:46 x
本当にそうですね…。なんとか、変えていけるように、あきらめずに、取り組んでいきたいです。コメントありがとうございます。

<< 質問準備をしながら大事な催しに参加 家庭ごみ有料化計画をめぐる市長... >>