さいわい保育園民営化 保育の継承に触れず   

事業者紹介と整備計画の説明会
 2月4日、さいわい保育園民営化による、新設園の事業者紹介と保育所整備計画の住民説明会でした。
安全対策は?
 私自身地域に住んでいる一人としても、住民の方々から出された心配なことは「そうだな」と思うことが多々ありました。とくに、予定地は通学路になっていて、もともと危険な場所。これまで、安全対策を保護者のみなさんが求め続け、私も議会でとりくんできました。法人を公募する前の説明会でも、対策を求める意見が出されていましたが、残念ながら、市としてまだ対策が十分練られていないと感じました。説明会での意見について、十分に検討し、対応してほしいです。
保育の継承は公募要項で位置付けられている
 気がかりなのは、これまでの保育を継承していく、ということについて触れられなかったことです。今回の園舎には、みんなが集まる広いスペース(ホール)がありません。また、園舎と園庭が別々の敷地になります。園舎と園庭を子どもが自由に安全に行き来できません。こうしたことは、保育の中身にもかかわる、大きな違いです。では、どこまで保護者の声を施設に生かせるかという質問には、設計を担当した事務所の方が、すでにこれまで出されてきた意見を市から聞いて設計している、また、財政的にできることに限りがあるとも…。変更はできないということ? 市としては、どう考えているのか?
 これまでの保育の継承は公募要項で位置付けられています。子どもと保護者にとっても重要ですが、近隣住民の方にとっても大事なことです。市としての誠実な対応を求めたいです。

ジョウビタキのメス(黒目川)
b0190576_00530153.jpg


by hara-noriko | 2016-02-07 00:53 | 市政報告 | Comments(0)

<< 2月11日 山添拓さんが東久留... ずしりと伝わった沖縄の心 >>