増やした方がいい施設 1位は市立保育園   

 公立保育園民間化計画のつづきです。
 市長の考えは、公立保育園を廃止しても、市全体で保育園の定員が確保され、待機児解消が進めばいい、ということのようです。なぜ、公立保育園を維持しながら待機児解消を進めると考えないのか? 公立保育園の果たしている役割をどう考えているのか? 国による公共施設のあり方に関する考え方(統廃合するなど)も背景にあるのか?…
 一方で、12月議会の一般質問でも触れましたが、公共施設についての市のアンケートでは、増やしたほうがいい施設の1位が市立保育園でした。
 市長はこの事実をどう考えているのでしょうか?

 7日の月曜日は総括代表質問。火曜日からは一般質問です。いよいよ本格的な議論に入ります。

 12月議会の一般質問、今議会初日の行政報告の質疑(数日後にアップ)はインターネット録画放映でご覧になれます。市議会のホームページから。

ダイサギ(黒目川)
b0190576_00332640.jpg

by hara-noriko | 2016-03-07 00:01 | 市政報告 | Comments(0)

<< 公立保育園「民間化」計画の撤回... 市長が公立保育園の全園「民間化... >>