親子連れもたくさん 東京・三多摩メーデー   

 5月1日、第87回東京・三多摩メーデーに参加しました。お天気もよく、井の頭公園の緑が本当にきれい! 今年のメーデーは日曜日にあたったので、親子連れもたくさん! 子どもたちの可愛い声もひびき、楽しい一日でした。
 日本共産党からは、田村智子副委員長(参院議員)、宮本徹衆院議員、山添拓弁護士(参院東京選挙区予定候補)、尾崎あや子都議会議員が壇上へ。代表して田村智子さんが連帯のあいさつを行いました。また、宮本衆院議員は、東久留米・清瀬・東村山・東大和・武蔵村山の参加者の方と、親しく交流しました。
 米軍横田基地へのCV22オスプレイ配備阻止に取り組む反対連絡会のみなさんの訴え。また、原発ゼロにとりくむ「パパママぼくの脱原発ウォーク」のみなさんのアピールも。「脱原発ウォーク」のみなさんのコールは、だれでも一緒にできて、いいですね。
 今年は、安倍暴走政治ストップへ野党共闘が広がるなど、広範な国民の運動が国政を動かしていることにも触れたメーデー宣言が採択されました。「働くものの団結で生活と権利を守り、平和と民主主義、中立の日本を!」

横田へのオスプレイ配備阻止に取り組む反対連絡会のみなさん
b0190576_22545963.jpg
「パパママぼくの脱原発ウォーク」のみなさん
b0190576_22550432.jpg
共産党東久留米市議団も参加
(左から)永田まさ子、原、篠原重信の3市議
b0190576_22550922.jpg


by hara-noriko | 2016-05-01 22:56 | 活動日誌 | Comments(0)

<< 「戦争と平和をめぐる子どもの本」展 市政報告懇談会で出された意見とは >>