都知事選 次に生かしたい市民と野党の共同   

 東京都知事選が終わりました。結果は、鳥越俊太郎さん当選ならず…残念。当選は小池百合子氏(自民党員)、自民公明推薦の増田寛也氏は落選しました。
 鳥越さんは、急きょの出馬になったにもかかわらず、都民の声を聞く姿勢を貫かれ、政策自体も発展させながらたたかわれました。とくに、憲法を守り生かし、大型開発優先の都政を変える「4つのよし」(住んでよし、働いてよし、学んでよし、環境によし)、「3つのゼロ」(保育園待機児ゼロ、特養ホーム待機ゼロ、原発ゼロ)、「東京非核都市宣言」。…この提起が示している方向は、都政転換のポイントであり、それを市民と野党が共同してとりくんだ選挙戦のなかで示したことは、本当に大きな意義があり、今後につながると確信します。
鳥越さんとご支援くださった方々に感謝
 鳥越さんの勇気と大健闘に心から感謝したいと思います。そして、ご支援くださったみなさん、ありがとうございます!
 今回、週刊誌やネットを中心としたネガティブキャンペーンは、すさまじいものがありました。「事実かどうかよりも、かかわりたくない気持ちになった」という声も聞かれました。そういう気持ち、本当によくわかります。でも、そこを乗り越えて、市民と野党が共同してのとりくみを貫き、134万人を超える方々が期待を寄せてくださったことはすごいことだと思います。必ず次へ生かす! 頑張りたいと思います。

*鳥越さんの得票は、134万6103票(20・56%)。100万票を超えたのは、1983年の革新統一候補、松岡英夫さん以来。東久留米市では、14855票(24・15%)でした。

セミの羽化(東久留米市内)
b0190576_23373656.jpg


by hara-noriko | 2016-08-02 23:36 | 選挙 | Comments(0)

<< 市民連合 佐藤学さんから学ぶ 鳥越俊太郎さんの当選で東京を変... >>