百条委員会の設置で合意 築地市場移転問題   

早ければ22日にも設置が決まる見通し
 いよいよ、築地市場の豊洲移転をめぐって、東京都議会に百条委員会が設置される動きになりました! きょう2月20日、都議会議会運営委員会が開かれて、百条委員会の設置に合意しました。早ければ22日の都議会本会議で設置が決まる見通しです。
共産党都議団の提案 12月議会で否決されたものの
 日本共産党都議団は、12月の都議会でも各会派によびかけましたが、そのときは、残念ながら賛成が少なく否決。しかし、その後も、証人喚問リスト案も発表し、百条委員会設置を呼びかけ続けてきました。真相解明のためには、石原・猪瀬・舛添の各元知事、浜渦元副知事、東京ガス取締役会長、技術会議座長などの証人喚問が必要です。百条委員会がその役割を十分に果たす内容になるように、期待したいです。
長年の努力が実る
 築地市場豊洲移転問題は、石原都知事がそれまでの築地再整備を転換させ、東京ガス工場跡地を強引に買い取るところからはじまりました。共産党都議団は、東京ガス工場跡地は、市場にふさわしくない、と当初から反対してきました。長い間、都議会では、共産党がこの問題を質問すると、「豊洲は決まっている!」などのヤジが飛び交う状況でした。しかし、ずっとぶれずに都民の健康、食の安全を守る立場でとりくんだことで、盛り土問題も突き止め、この問題の闇を明らかにし、そのことを全体で共有できるところまでになりました。こうした、共産党都議団が長年にわたって果たしてきた役割も、多くの方に知っていただけたらと思います。

「築地市場移転中止!築地大デモンストレーション」に参加
 2月18日(土)午前10時半、「築地市場移転中止!築地大デモンストレーション」に参加しました。清瀬・東久留米のみなさん、党市議団と一緒に「築地がいいじゃないか~」「豊洲移転は今すぐ中止」と声をあげました。築地4丁目交差点に2500人も集まりました!
 リレートークでは、都議会から共産党の曽根はじめ都議と生活者ネットの小松久子都議がスピーチ。曽根都議は、石原元知事の責任、百条委員会設置を力強くスピーチしました。小松都議も「豊洲はだめ」と。共産党は都議のほとんどが参加していました。また社民党からは杉並区の市来とも子区議が。そして、共産党の笠井亮衆議院議員も駆けつけあいさつ。
移転を強行してはならない
 東京都のモニタリング調査結果で土壌汚染が深刻だとわかった以上、豊洲に今移転はありえない、これは多くの人が一致できるのではないか、と思います。寄せられるご意見に、「豊洲にあれだけの建物をつくってしまい、どうするのか」「築地は絶対に安全なのか」という声も聞かれます。もし、豊洲移転が中止となれば、今後、豊洲の活用をどうするか、都民に開かれた形で専門家も交えた検討が必要になるでしょう。また、築地で再整備となれば、再整備の内容も、築地の現状もしっかり検討することになるでしょう。
 でも、今大事なのは、汚染が深刻だとわかった場所に、移転を強行してはいけないということ、中止を含めた抜本的な再検討をすることです。

「築地大デモンストレーション」でプラカードを掲げました
b0190576_22111557.jpg


homepage   twitter   facebook




by hara-noriko | 2017-02-20 22:13 | 東京都政 | Comments(0)

<< 百条委員会設置へ 共産党都議団... 障害者と家族が安心して過ごせる政治に >>